カウンター


カテゴリー 《 ダニ 》   全6ページ

2016.04.10     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   意外な横顔

ヤリタカラダニの一種


いつものごとく地面に顔を近づけて、石の裏をみていたのですが、ふと顔を上げると降り積もっていた杉の枯葉の上を、ノコノコと動きまわる赤い点・・・
よく見てみると、ヤリタカラダニのようでした。

このヤリタカラダニ、杉の葉の上を行ったり来たりしながら、ついには先端にたどり着いてしまいました。
2139_2016041001011322f.jpg
さあ、ここから一体どうするのか・・・じっと息を殺して観察していると・・・





・・・ポトリ。

そのままあっけなく地面に落下していったヤリタカラダニでした。








幸いにも、この鮮やかなオレンジ色のおかげで、奇跡的に地面に落ちた個体をもう一度見つける事ができました(笑)
2140_20160410010114c63.jpg

この憎めない表情、なんとも言えません。


そして、このヤリタカラダニ、横から見るとこんな顔していたのですね・・・!
2141_20160410010115b19.jpg
分厚いです(笑)

2016.03.10     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   玉ア・ソ・ビ

2003_20160226234542dcf.jpg

真っ赤な舌の上に、飴玉ひとつ・・・!?












ナミケダニの一種?
2004_20160226234544326.jpg

・・・真っ赤な舌の正体はコチラでした。
おそらくナミケダニの一種かと思われます。





2002_20160226234541743.jpg

雨上がりだったこの日、びたびたに濡れた落ち葉をどけて、埋もれていた石をそっと裏返すと、よく見かける赤いダニが歩いておりました。
何気なくレンズを向けてみて、初めて滴玉を背中に乗せている事に気づいたのです。
滴がキレイな球を保っており、まるで水晶玉のような輝きではありませんか!


そしてそれを背中に乗せるこのダニ、なんとも可愛らしい、愛嬌たっぷりな姿ですねえ。
2001_20160226234539464.jpg

滴玉を背中に乗せたまま、同じ場所をぐるぐる歩き回っておりました・・・器用なヤツですね。



レッツ!バランスボール♪





2016.01.24     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   さらに小さき者

Torrubiella

クモの冬虫夏草を見ていると・・・




Torrubiella

その足元をノコノコと歩く、お馴染みジュズダニの姿がありました。

Torrubiella

身体じゅうにいろいろくっ付けて、相変わらず面白いヤツであります。

2015.12.06     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   コケの森の天狗様

テングダニの一種


赤い体が緑のコケの中でよく目立つ、テングダニの一種。

コケの間をぐるぐる歩き回るうちに、トビムシを発見、早速とんがった口器を突き刺します。
いやがるトビムシをなかなかうまく捕らえられませんが、テングダニはしつこく追いかけ回して口器を突き刺します・・・
そんな事を繰り返すうちに、トビムシはついに「ピョン!」と姿を消してしましました。



小さなコケの森の中で繰り広げられていた攻防であります。
1759_20151120081559d62.jpg

こちらの個体は、すでに獲物にありつけたのか、ふっくらと膨らんだ身体つきであります。
どこに行くでもなく、コケの間をぐるぐるぐるぐる歩き回っておりました。

1760_2015112008160070e.jpg



キノコを見ていると、こんなところにもテングダニの姿が。
1775_20151120081955a12.jpg

小さなキノコも大きなステージであります。
寒くなると、いよいよ小さい生き物達が主役の季節がやって来ます。

2015.05.21     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   ひっくり返してみると・・・  Uropodidae sp.

イトダニ科 [ Uropodidae sp. ]


ひっくり返した朽木の裏をじっくり見ていると・・・小さなゴミが動いている?
よく見ると尖った脚先だけが見えたり見えなかったり。


撮影して調べてみたところ、トゲダニ亜目イトダニ科のダニではないかと思われます。
土壌に生息する普通種のようですが、この見た目・・・
なかなか見つけづらそうなダニですね。




2131.jpg

平たい体の端っこから、チラチラと短い脚先が見え隠れする奇妙な姿・・・

大きさは1mm以下(0.8mmくらい?)と小さく、眼を凝らしても、ゴミが動いているようにしかみえません(笑)
見た目通りに動きは非常にのろのろですが、それが逆に存在感を消しているのでしょうか、すぐに周囲に溶け込んで見えなくなります。
・・・撮影中も、すぐ手元にいるハズなのに何度も見失ってしまいました。


2133.jpg





失礼してひっくり返してみました。
2130.jpg
円盤状の体の縁には、カールした毛がキレイに並んでおります。
裏側にはダニらしい脚や口器が揃っており、なるほど、やはりダニだったのかと納得でありました。



カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: