カウンター


2012.03.03     カテゴリ: 昆虫カメムシ 

   横綱的、カラーリング

桜の木の樹皮のすき間で身を寄せ合い越冬する、ヨコヅナサシガメです。



都心の公園などでもその姿を見る事の多いこのヨコヅナサシガメも、もともとはインドや中国などに広く分布する外来種で、こうして集団で日本の冬を乗り越えながら、着々と生息地を広げつつあるのデス。
(関東地方に分布を広げたのは1990年代と言われておりマス)

ヨコヅナ越冬





それにしても、いつ見ても秀逸なこのカラーリング・・・



ツヤっとした黒に鮮やかな紅白の紋様が醸し出すアクの強いデザイン、コレが群れをなして木の幹にごっそり張り付いているのだから、知らない人はなかなかの衝撃を受けるハズです。


[ヨコヅナサシガメ ・幼虫] Agriosphodrus dohrni
ヨコヅナサシガメ 集団越冬

ヨコヅナ


アクの強さは横綱級デスが、単体で見ると非常にカッコイイこのヨコヅナサシガメ、初夏の頃に成虫へと羽化しマス。


ヨコヅナサシガメ と手



外来種の「横綱」・・・
朝青龍や白鵬と言ったところでしょうか(笑)
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: