カウンター


2012.08.26     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   白いヒグラシ  セミヤドリガ

この時期、薄暗い森の中、やたら白くて目立つセミをよく目にするようになりマス。
飛び方もどこかフラフラしていて、なお目立つそのセミ・・・


ヒグラシに寄生しているセミヤドリガの幼虫



セミヤドリガの幼虫を腹部に付けた、ヒグラシの♀でありマス。



セミヤドリガとは、ヒグラシやツクツクボウシといったセミ(主に♀の個体)に取り付き、体液を吸って成長すると言う、変わった習性を持つガで、成長した幼虫は身体からロウ物質を分泌し、このように真っ白でよく目立つのデス。






見えるだけでも4匹の幼虫を付けたこのヒグラシ、実に重そうなうえに、翅も上手く閉じられなくなっておりマス。


セミヤドリガ 幼虫[ Epipomponia nawai ]
228.jpg

なんとも不思議な寄生でありマス。
下の大きな幼虫はすでに終齢と思われ、このあとセミの身体を離れ、地上で繭を作り羽化を待つのでありマス。




これだけ沢山のセミヤドリガの幼虫に取り付かれたヒグラシも、コレが原因で死ぬ事はなく、この後も普通に生活をすると言いマス。
生きたセミの身体が舞台とあって、いまだ謎も多いこのセミヤドリガ・・・



彼等にとってセミはさしずめ、育ての親と言ったトコロでしょうか・・・(^^ゞ

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: