カウンター


--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.29     カテゴリ: 植物コケ 

   コケシーズンのお供!


8589.jpg

ヤンマタケや、クモの虫草を発見した枯れ沢ですが、石と土が入り混じった側壁は、程良く湿度が保たれており、コケがいたる所に生えているのですが・・・
なにげなく目をやったこの石にちょぼちょぼと生えたコケ、なんだか怪しいのです。



近づいてじっくり見てみると・・・







やっぱりありました、極小の蒴!!
8588.jpg

葉の形からするに、ホウオウゴケ科の一種のように思われるのですが、非常に小さい植物体であります。





拡大してみます。
8591.jpg
小さな植物体の先端から、短く柄を伸ばした胞子体も・・・
これまた極小であります。







5890.jpg

指と比べても、この小ささ!
もともと、それ自体が小さなモノが多いコケの蒴ではありますが・・・これは目を凝らして地面を見つめていないと、見逃してしまいそうです。
こんな申し訳なさげな小さな蒴でも、しっかりと胞子を飛ばして生息地を広げているのですから、オドロキですね。






1492269722fAX5KI5pYX5Frdg1492269655.gif


以前に「未定」でも紹介した、ユウレイホウオウゴケのように、植物体が肉眼では確認出来ないほどの「超」極小種の他にも、ホウオウゴケ科にはこのような極小種が何十種とあり、それらは「マイクロ・フィシデンス」と呼ばれるのだそうです。(Fissidens=ホウオウゴケ属)

・・・と、言うのは、今月発売になったコケの図鑑で読んだモノ。








そう、「かわいいコケブログ」でお馴染みの、日本を代表するコケ女子・birdさん著による、新しいコケ図鑑・・・

「知りたい会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑」

であります!



近所にありそうなコケから、これから会いたいコケまで、182種を紹介した、コケ図鑑の決定版であります。

5868.jpg


コケとお近づきになるための③ステップと、分りやすい解説で、いつまで経ってもコケ初心者のクマGにも、とても優しい内容なのです。
そしてなにより、写真がキレイ!
コケの同定が難しくても、写真を見ているだけで楽しめます。


さらに、本を手にとるとすぐに分かるのですが、透明のビニールカバー仕上げになっているのです。
これはもちろん・・・

5867.jpg

そう、コケのあるフィールドに連れ出してもOK!仕様になっていると言う事なのです。
さすが、コケ女子ならではの心にくい演出であります。

birdさんに伺ったところ、このビニールカバー仕上げは、人の手でなければ出来ない作業らしく、とても手がかかるのだそうです。
そんなところにも、コダワリを惜しみなく詰め込んだ一冊・・・



さらにさらに、ほんのちょびっとではありますが、クマGも写真を提供しております。
ほんのちょびっとです・・・どのくらいちょびっとかと言うと、ユウレイホウオウゴケくらいでしょうか(笑)

と、言う事でおススメのコケ図鑑ですよ!
これからのコケシーズンのお供は、この一冊でキマリですね。

4259565389知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑
藤井久子 秋山弘之
家の光協会 2017-04-12

by G-Tools



スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
良さげな図鑑ですね。
前に友人が“図鑑は消耗品”と言っていました。
真意としては「本棚に大切に飾っているよりも、フィールドで対象を前にして図鑑をめくることこそが、その生き物についての知識が得られる。ボロボロになるまで野外で使ってこそ図鑑だ。」というものでした。
スマホでちょろっと検索すれば膨大な情報を得られる今日ですが、友人の言うように野外でページをめくってこそだと思います。
特に初心者のうちは。

そういう意味でもこの図鑑は素晴らしいですね。
入門書としてフィールドに持ち出すのにもってこい!!
クマGさんの写真も見たいし、今度買ってみます。

それとフィールドで立てかける図鑑写真が猛烈にカッコイイっすね。
クマGさんの野外で紹介するアイテム写真が結構好きな私でした。
長文失礼しました。


月光守宮さん

いつも嬉しいコメント、ありがとうございますっ!
「本棚に大切に飾っているよりも、フィールドで対象を前にして図鑑をめくることこそが、その生き物についての知識が得られる。ボロボロになるまで野外で使ってこそ図鑑だ。」
・・・その通りですね!それが言いたかった!(笑)
birdさん著による前書、「コケはともだち」も同様にビニールカバー仕様でした。
コケ愛に溢れる一冊ですよ!

月光守宮さんもそうだと思いますが、我々の愛するフィールドには、必ずと言っていいほどに「コケ」は存在してますし、生き物の写真を撮る上でも、コケが背景にあったりすると、格段に写真がカッコよくなったりしますよね。
ボクもよくコケを脇役に小さな虫を撮ってしまいますが、そんなときでもけして主張したりせず、かつ美しい存在・・・
しかし、いざ同定しようとすると、なかなか難しかったり、蒴の形の違いなど、月光守宮さんも絶対好きな要素アリです(笑)
一緒にコケも入門しましょう・・・!
コケ、菌、植物・・・見るモノが多くなりすぎて、フィールドで過ごす時間がいくらあっても足りなくなりそうですね。


クマGさんの野外で紹介するアイテム写真が結構好きな私でした>
おお、マジですか、調子乗ってまた何か紹介しちゃおうかな・・・?


ユウレイホウオウゴケといい、今回の極小のコケといいビックリです。
私には見つかりそうにないですが、クマGさんの記事を読んでからは、いつも意識はしています(^^)

コケ図鑑、明日届く予定です!
クマGさんの写真も見せていただきます。
一人でコケを見て、名前を調べたりしていると、分からなさ過ぎて、とても孤独感があります(^^)
届くのが楽しみです。
かぜくささん

いえいえいえいえ!かぜくささんの観察眼に比べたら、ボクなんてっ!
かぜくささんのコケの記事はいつも凄いなぁと感心ばかりです。
コケは身近な生き物のひとつですが、分らない事ばかりですし、調べてみるとなかなか難しいですよね。
そして、目で見た時の魅力を写真に現すのが難しい!
コケ図鑑は、写真を眺めているだけでも楽しめます。

・・・ちなみにボクの写真は、「ああ、、コレか~」と思うハズです(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。