カウンター


2016.10.14     カテゴリ:  菌類 

   ぷるぷる、からのカリカリ   Hemitrichia serpula



ぷるぷる質感のこの物体・・・美味しそう?


3037.jpg

この物体、ヘビヌカホコリの未熟な子実体であります。








この白いぷるぷるが・・・

3038.jpg

3039.jpg

カリっと焼き上がったかのような姿に!







こちらが成熟した状態であります。
薄暗い倒木下に、ストロボの閃光で写し出された、凄まじい異世界感・・・!
3040.jpg







沢の上を横断する、大きな倒木の下です。
沢の反対側からでも、すぐにソレだと分かりました。
3042.jpg

時に大きな子実体群を形成するヘビヌカホコリでありますが、この鮮やかなオレンジ色も相まって、遠くからでもよく目立ちます。
今年は、春先5月に越冬したであろう子実体を見る機会がありましたが、新鮮な子実体はやはり目に鮮やかであります。
そして近づいてみると、その不思議な造形に、毎度見入ってしまうのです。
この特徴的なヘビヌカホコリを見ると、いつも秋だな〜と感じる季節になっております。
夏季も活動しているに違いありませんが、秋に子実体を作る事が多いのでしょうか。


ぷるぷるもカリカリも、どちらもなんだか美味しそうなヘビヌカホコリは、見つけるとついテンションが上がってしまう粘菌であります。
(実際には、残念ながらカリカリしておりません。)

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ほんとうにカリッと焼きあがったみたいです!
前の蠢く森とともに、魅力的な世界に圧倒されます。
すごいですね・・・。
かぜくささん 

いつも見てくださり、ありがとうございます!
秋の粘菌とでも言いましょうか、新たに更新したケホコリもそうですが、なんだか美味しそうのばかりです(笑)

「蠢く森」ではGIFを幾つか貼りましたが、コマ間の撮影間隔はどれも5、6秒ほどなので、実際はかなり動いている事に驚かされます。目で見ているとなかなか分りづらいのですがね。
ほんと、不思議な生き物です。





最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: