カウンター


2016.08.12     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   テッポウムシタケ

テッポウムシタケ [ Cordyceps nikkoensis Kobayasi. ]


2584.jpg

2583.jpg

2588.jpg

2589.jpg

2591.jpg

2585.jpg

2590.jpg


カミキリムシの幼虫を宿主とする冬虫夏草、テッポウムシタケでございます。

テッポウムシとはカミキリムシの幼虫の俗称で、幼虫の住んでいる朽木から、大きな結実部を覗かせる朽木生型の冬虫夏草であります。




ここ数年、山を歩く時はいつも心のどこかで冬虫夏草を意識しているつもりではありましたが、やはり未熟者のクマG程度では、なかなか新たな種を発見するには至れず、毎年同じ種類を更新する事がほとんどとなっておりました。

そんな中、初めて見つけたこの朽木生の大物に、大興奮してしまったのは言うまでもありません。
むしろあまりに大物だったために、発見時は「これもしや冬虫夏草じゃ無いんじゃ?」などと逆に疑ってしまった次第・・・(笑)
掘り出そうとすると、朽木は見た目よりもずっと硬く、常備していた小型のスコップでは全く歯が立たなかったのですが、同行者のぽってぃー氏が快く貸してくださった、折りたたみのアーミーナイフのノコギリを駆使して、どうにかギロチンする事無く掘り出す事が出来たのです。
最後、ノコギリで切断した朽木を取り外し、テッポウムシ部分が孔からスルリと抜け、その姿を露わにした時には、思わず一同から「おおーー!!」と歓喜の声が上がりました。

2459.jpg

朽木の下部から垂れ下がるように出ていた結実部。
残念な事に、掘り出す前の写真はこんなものしか撮影していなかったのです・・・
まあ、この日は時間的な制約もあったとは言え、やはり広角写真も抑えておくべきであったと、反省しております。
(と、言うワケで今回は白バックの写真ばかりになってしまいました・・・)


こちらが、今回の発見場所である朽木です。

2593.jpg

登山道(と、言っても麓に程近い場所)の、すぐ脇に横たわる大きな朽木は、それこそ何度もこの前を通った事がある場所ですし、さらに粘菌などを撮影した事もあった場所でありました。
ご覧のように、朽木は苔むして柔らかくなっていそうでしたが、実際材質はかなり固め、カミキリムシの幼虫がいるのも頷けますね。
やはりいつもと違う視点、多方向からの探索は必要不可欠であります。

さらにこの場所は、虫探しのフィールドとしてよく訪れる山ですし、思い出してみるとあちこちに伐採木が置いてあったはずです。
最近は決まったルートしか回らない事が多くなりがちなので、たまには頑張って歩き回るべきだ!・・・と少しだけ思ったのでした。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: