カウンター


2016.09.27     カテゴリ: 昆虫カゲロウ 

   めったに日の目を見ない彼等は、ギンギン太陽の下で生まれた   ツノトンボ

Libelloides ramburi

8月の暑い日の光景であります。
山に到着、準備を整え、散策もこれから!と言うところ。
歩き始めるや否や、すぐに足元の草に違和感を感じて慌てて立ち止まりました。



おっとこれは・・・!
Libelloides ramburi

ツノトンボ(の一種)の幼虫であります。
並んだ卵は、全てキレイに丸く蓋が開いており、孵化はすっかり終わっていたようです。
そこにアゴを大きく開いた幼虫達が、黒々と群がっております。





カメラを近づけても、さらに撮影のため草の茎を直接指で押さえても、ほとんど動く事がない幼虫達。
Libelloides ramburi

それなら遠慮なく!
ぐっと拡大してみても、実にぬかりの無い、手の込んだデザインであります。
いや、むしろ拡大するほどに露わになる精巧な作り込み・・・その姿はまさにクリ-チャ-です。
この幼虫達、この後地面に降りて散り散りになり、徘徊しながら他の虫を捕食する生活をする、つまり巣を作らないタイプのアリジゴクとでも言いましょうか、しかしながら掴みどころの無い彼らの生活史を垣間見る事は、極めて困難であるようです。









それにしても、あまりにも通り道のすぐ足元で孵化していた彼等であります。
人はそれほど通らない場所ではありますが、普通に歩いたら蹴散らしてしまいそうで心配です。
Libelloides ramburi

後ろで微笑んでいらっしゃるのは、ハエ界のアイドルでお馴染み・ハエ目ハルカ氏

ハルカ氏同様、ツノトンボの類にはあまりご縁がなかったクマGでありますが、こんな光景を見てしまったら来年は成虫も撮影したくなるではありませんか。
むしろこれから冬季の石起こしなんかで、成長した幼虫に出会えたら・・・なんて淡い期待を抱いている次第であります。

そう言えばジークくんがツノトンボ幼虫飼育していたような・・・あれはどうなったかなー?



スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: