カウンター


2016.07.29     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   冬虫夏草チャレンジ!



さたさて!
上の苔むした石垣の写真でありますが、この中に冬虫夏草が2種写っております。
どこにいるでしょうか!?
(種類まで分ってしまった方は、ホントにスゴイ!)






























・・・まあ写真も写真ですし、難しいですよね。
ではまず、どんな冬虫夏草があるのかをお見せいたします。

2470.jpg

こちら、枯れ枝のゴミではございません。



シャクトリムシハリセンボン [ Ophiocordyceps sp. ]
2472.jpg

未定でも何度か紹介している、イモムシから発生する気生型の冬虫夏草、シャクトリムシハリセンボンであります。



2474.jpg

やはりかっこいいです・・・
おそらく上から枝ごと落ちて来たものと思われます。
そのせいなのかは分りませんが、イモムシの胸脚は取れてしまっております。
また、ストローマも根本から取れてしまたのあろう痕が、いくつか見られます。


2478.jpg

ストローマに子嚢果は見られません。
成熟していると、ストローマのに子嚢果が裸生します。


2481.jpg

ここまで拡大すると、イモムシの表情を窺がう事が出来ます・・・
ぷちぷちとした単眼が見えます。
頭部付け根の黒く見える孔は、胸脚の抜けた痕です。
この近くに、以前何度かシャクトリムシハリセンボンを発見したポイントがあるのですが、まさかこんな道路脇の石垣で見つかるとは思っていませんでした。
この個体がここから成熟して行くのかはイマイチ分りませんが、とりあえず採取はせずにこのまま経過を見守る事にしました。








そしてもう一つはこちらです。


カメムシタケ [ Cordyceps nutans ]
2475.jpg

こちらは見つけられた方も多そうであります。
鮮やかな赤い目印が特徴のカメムシタケでございます。



まるでロウソクの炎かのようなストローマの頭部。

2482.jpg

ストローマは成熟している様子です。
この赤い頭部の中に、子嚢果は埋生しております。
今回は取り出してはおりませんが、ストローマの根本、コケに埋もれてカメムシの姿があるハズです



2476.jpg

すぐ横は舗装路で、人の往来もあり車も通るような場所です。
道路のさらに向こう側には小川が流れており、湿度はある程度保たれているような場所です。
この日は石垣でクモタケを探そうと思っておりましたが、見つける事は出来ず・・・
クモタケは見つかりませんでしたが、カメムシタケはこの個体の他にもたくさん発見する事が出来、新たな壺の発見となりました。












と、言う事であらためて最初の写真を見てみましょう。
○で囲んだ部分・・・お分かり頂けましたでしょうか?

2483.jpg


菌類が楽しい季節であります!
この調子で、まだ見た事の無い種を見つけていきたい所であります!

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: