カウンター


2016.04.30     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   アキヤマアカザトウムシと、ニホンアカザトウムシ

アキヤマアカザトウムシ [ Idzubius akiyamae ] ニホンアカザトウムシ [ Pseudobiantes japonicus ]
2134_2016040901301696a.jpg

アキヤマアカザトウムシ(左)と、ニホンアカザトウムシ(右)。

「未定」では、すでに何度も登場しておりますこのかっこいい土壌棲ザトウムシ2種を、同じ一枚に並べて撮りたいと前々から実は思っていたのですが、なかなか出来そうで出来なかったのであります。
そう、先日ひっそりとヘッダー画像もこの2種に変えてみたのですが、やっと並べて撮影する事が出来たワケなのであります。




2133_201604090130154f2.jpg

トゲトゲしく渋い質感のアキヤマアカザトウムシ、そしてツヤツヤで派手に武装したニホンアカザトウムシ・・・
皆さんはどちらがお好みでしょうか!?(笑)

実際、肉眼で見るとニホンアカザトウムシの方がだいぶ大きく見えます。
トゲの生えた大きな触肢や、脚の長さが全体を大きく見せているのかもしれませんが、体長は両者ともほとんど同じくらい(3~4mmほど)であります。
一番上の写真だとよく分かりますね。

2131_20160409013012bbb.jpg

ニホンアカザトウムシの脚の長さがよく分かります。
そしてニホンアカザトウムシの方は、頭胸部横の臭腺から白い液体を出して来ました。(写真では少し分りづらいですが・・こんな感じです
が、アキヤマアカザトウムシはそのような行動は見られません。
アップで見るとかなり迫力のある、鋭いトゲの並んだ第一脚も、ぱっと見はこのように折りたたんで体と同化しているので、なんだか地味なアキヤマアカザトウムシであります。


2158.jpg

正面・・・やはりニホンアカザトウムシの大きな触肢がよく目立ちます。

現地ではあまり動かないアキヤマアカザトウムシですが、こうして卓上で撮影していると非常によく動きまわる・・・!
今回、両者とも同じ場所で発見する事が出来ましたが、彼らが普段どのような生活を送っているのかは、謎に満ちております。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: