カウンター


2016.02.22     カテゴリ: 昆虫 

   訪問者シリーズ20  ヒロバフユエダシャク

訪問者シリーズ!

都内にありながら、木々が豊富な大きな公園が隣接している我が家のアパートの建物、玄関周辺には灯火に誘われてガや甲虫など様々な虫が飛来します。
そんな虫達を紹介するコーナーでございマス。

珍しい種は期待できそうもありませんが、普段はスルーしてしまいそうな地味な虫にもなるべくスポットを当てて行こうと思っております。




本日の訪問者は・・・

ヒロバフユエダシャク [ Larerannis miracula ]
Larerannis miracula

ヒロバフユエダシャクでございます。
シャクガ科(Geometridae)、 エダシャク亜科(Ennominae)。
まさに今がシーズンである、エダシャク亜科のフユシャクです。



Larerannis miracula

いきなりの顔アップでありますが、複眼にゴミがっっっ・・・
フユシャクらしい、小顔さんでございます。

いつの間にか2月も終盤にさしかかっておりますが、2016年初訪問者となりました。
12月9日のニトベエダシャクを最後に、全く訪問者を見る事が出来ずに、今年はフユシャク来ないのか?と不安を抱き始めておりましたが、数日前にようやくウスバフユシャクの姿を確認、そして今回のヒロバフユエダシャクと言うわけであります。
ヒロバフユエダシャクは、以前フィールド記事で紹介した事があったなと思ったのですが、2013年の記事でした。
月日が経つのは早いものです!


Larerannis miracula

カバノキ科、ブナ科、バラ科。
公園にソメイヨシノが多いので、それらを植樹としていると思われます。
訪問者としてのフユシャクは3種めですが、近所の公園も真面目に探せばもっと種類を見つけられそうですね。

Larerannis miracula

ヒロバフユエダシャクと言うと、もう春を告げるフユシャクであるイメージです・・・
今年は「フユシャク探し」はしていないので、訪問者に頼り切りですが、去年その姿は見れたものの、写真に収める事が出来なかったフチグロトゲエダシャク、リベンジの時が近づいて来ております。

しかしその前にもう少し、寒い季節も堪能しなければ。
・・・寒いのは苦手ですがね(笑)





2016,2,21の訪問者です。



訪問者シリーズその1  タマナギンウワバ
訪問者シリーズその2  クロクモヤガ
訪問者シリーズその3  ブドウトリバ
訪問者シリーズその4  ニトベエダシャク
訪問者シリーズその5  クロバネフユシャク
訪問者シリーズその6  ウスバフユシャク
訪問者シリーズその7  アオズムカデ
訪問者シリーズその8  セスジシミ
訪問者シリーズその9  モンクロシャチホコ
訪問者シリーズその10 アオドウガネ
訪問者シリーズその11 ツマキシャチホコ
訪問者シリーズその12 クロゴキブリ
訪問者シリーズその13 シロテンハナムグリ
訪問者シリーズその14 チャドクガ
訪問者シリーズその15 チャハマキ
訪問者シリーズその16 ウスチャヤガ
訪問者シリーズその17 チャエダシャク
訪問者シリーズその18 シマケンモン
訪問者シリーズその19 ニトベエダシャク
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: