カウンター


2015.11.29     カテゴリ: 昆虫 

   訪問者シリーズ17  チャエダシャク

訪問者シリーズ!

都内にありながら、木々が豊富な大きな公園が隣接している我が家のアパートの建物、玄関周辺には灯火に誘われてガや甲虫など様々な虫が飛来します。
そんな虫達を紹介するコーナーでございマス。

珍しい種は期待できそうもありませんが、普段はスルーしてしまいそうな地味な虫にもなるべくスポットを当てて行こうと思っております。




本日の訪問者は・・・

チャエダシャク [ Megabiston plumosaria ]


チャエダシャクでございます。
シャクガ科(Geometridae)、 エダシャク亜科(Ennominae)。
いよいよフユシャクの訪問か?・・・いえいえ、こちらは晩秋だけに現れる、大型エダシャクであります。
この個体は開帳50mm近くあり、なかなか見栄えがあります。






いやしかし!
チャエダシャク最大の特徴と言えば、やっぱりコレ!
1780_20151127012710fee.jpg
この個体が♂でよかった・・・!
と思わせるこのよく発達した立派な触角をご覧ください。
(♀の触角は糸状です)



1785_20151127012747b54.jpg
通常の制止時は、一番最初の写真のように翅の下に大切な触角は仕舞われております。
撮影のために、失礼してそっとツンツンしてみると、このように美しい触角を露わにしてくれました。




カッコいいです。
悟りを開いたかのようなこの表情、イケてます。
1784_20151127012746894.jpg


美しい触角ですが、拡大してみるとさらに美しい!!
1782_201511270127439c5.jpg
まるでふんわりとした羽毛のようであります。





翅はこんな感じです。
1786_20151127012749b22.jpg

新鮮な個体だったようで、渋い色合いの麟粉が晩秋のイメージにピッタリと言ったトコロであります。
しかし、翅の模様のパターンにはコレと言った大きな特徴も無いので、11月と言う出現時期と、この特徴的な触角が無ければ、同定にはもっと時間を費やしてしまったかもしれません。

1779_201511270127093d9.jpg

ところで「チャエダシャク」と言う名前ですが、茶色いから・・・ではなく、茶を食草としている事に由来しております。
訪問者シリーズ15に登場したチャハマキと同じパターンですね。

実際にはチャだけではなく様々な種類を食草にしているようで、その点もチャハマキと共通ですね。



1781_20151127012712d12.jpg

チャエダシャクは12月まで見られるガのようです。
先日紹介したヨトウガも然り、晩秋のみに姿を現すガも、けっこういるのですね。
わりと短い発生期間にもかかわらず、こうして訪問してきてくれたのは嬉しい限りであります。
冬を呼ぶ、エダシャクと言う訳ですね。





2015,11,26の訪問者です。



訪問者シリーズその1  タマナギンウワバ
訪問者シリーズその2  クロクモヤガ
訪問者シリーズその3  ブドウトリバ
訪問者シリーズその4  ニトベエダシャク
訪問者シリーズその5  クロバネフユシャク
訪問者シリーズその6  ウスバフユシャク
訪問者シリーズその7  アオズムカデ
訪問者シリーズその8  セスジシミ
訪問者シリーズその9  モンクロシャチホコ
訪問者シリーズその10 アオドウガネ
訪問者シリーズその11 ツマキシャチホコ
訪問者シリーズその12 クロゴキブリ
訪問者シリーズその13 シロテンハナムグリ
訪問者シリーズその14 チャドクガ
訪問者シリーズその15 チャハマキ
訪問者シリーズその16 ウスチャヤガ
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: