カウンター


2015.11.21     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   センチメンタルな恋の季節  Leiobunum japonicum


下草が無くなり、落ち葉の絨毯をまとった森の中・・・秋の装いは、少しづつ冬へと向かっております。
もう会えないかな?と言う不安をよそに、雨でしっとりと濡れた地面では、まだモエギザトウムシ達が活動中でした。

不意に接近した2頭が、追いかけっこを始めたかと思うと・・・



モエギザトウムシ [ Leiobunum japonicum ]
Leiobunum japonicum

なんとも可愛らしい。

クモ形類では唯一、直接交尾をするとされるザトウムシの交尾スタイルは、こんなフレンチキスなのであります。
まあ、フレンチキスは「軽いキス」なのか「ディープキス」なのか、諸説あるようですが。



Leiobunum japonicum

落ち葉の舞台がいい雰囲気ですね。

左側が♂。
体の下側からペニスを伸ばして、♀の生殖器に挿入します。




14479756169vWQEWyt_NA3Mce1447975597.gif


交尾行動自体は、夏にも観察できますが、晩秋のこの時期だとなんだかより一層感慨深いものに感じます。
越冬はせず、冬には全て死んでしまう彼等なので、こうしてまた来春に命を繋いでいるのだな・・・なんて。

でも、なにはともあれ、モエギザトウムシの交尾は「コチョコチョ!」って感じで、とても可愛らしいのです。











それがオオナミザトウムシだと・・・




ガっツリ!!

Nelima genufusca

フレンチキス・・・と言うより、まさに合体!!
ただでさえ巨大なオオナミザトウムシが2頭連なって、なかなかの迫力であります。
♂の体の下側から伸びる、白いペニスも確認出来ます。













さてさて、気づけば11月も終わりに近づいております・・・
今月もあとわずか、と言うか今年もあとわずか!!

次にフィールドに出た時には、まだモエギザトウムシ達の姿を見る事は出来るのでしょうか。
どこを見てもワサワサたくさんいた彼等が、まるで嘘のように姿を消してしまうのも、もう間もなくでしょう。


0.5

「来年までバイバイ」

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: