カウンター


2015.10.27     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   秋の夜は意外に短し

オオナミザトウムシ [ Nelima genufusca ]
Nelima genufusca

いつの間にか10月ももう終わりじゃないか!
秋の夜長を堪能する余裕も無く、バタバタ過ごしてしまったクマGでありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

フィールドはきっと、もっともっと季節が進んでいるんだろうな・・・
今年はあと何回彼らの姿を見る事が出来るのでしょうか。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
とある場所で定期観察していたヒメジャゴケ。先一昨日行ってみるとケバエ幼虫が大発生!クマGさんのところで検索させていただくと、やはり秋の頃に写真挙げられていました。秋の風物詩なんですね。いやー驚きました。今日は前回よりも大群のまま50cmほど移動していました。あと何回というかいつまでいるのか気になっています。
madokaさん

こんにちは。
ケバエ幼虫の群れと遭遇したのですね!
まるでひとつの生き物のように蠢く姿は、ほんとに面白いですよね。
それにしても、あの毛虫の群れを「秋の風物詩」だなんて、素敵です。
探そうと思ってなかなか探すものでもないですし、見つけたらラッキー!なのかもしれません(笑)

あの大群が、次は成虫となって乱舞する、春の風物詩となるのですね・・・。
コメントさせていただいた次の日には1匹も姿が見当たりませんでした。あれだけの大群なので1匹ぐらいは姿が見られるのではと思ったのですが・・・。脚が存在しないのにすごい団結力で移動しているんですね。どこにいっちゃったのか謎です。
madokaさん

不思議なものですよね。
あのお祭り騒ぎのようなわちゃわちゃした群れは、ずっとわちゃわちゃしたままなのか・・・いろいろ考えてしまいました(笑)
しかしながらケバエに限らず、つい1~2カ月前までは生き物に溢れていた野山も、これから冬が近づくにつれてまるで何もいなかったかのようになってしまいますが、実はどこかでじっと春が来るのを待っていて、暖かくなるとまたどこから出て来たんだ!ってほどに湧きあがって来る、ほんとに生き物達はすごい。




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: