カウンター


2015.10.24     カテゴリ: 昆虫 

   訪問者シリーズ14  チャドクガ

訪問者シリーズ!

都内にありながら、木々が豊富な大きな公園が隣接している我が家のアパートの建物、玄関周辺には灯火に誘われてガや甲虫など様々な虫が飛来します。
そんな虫達を紹介するコーナーでございマス。

珍しい種は期待できそうもありませんが、普段はスルーしてしまいそうな地味な虫にもなるべくスポットを当てて行こうと思っております。




本日の訪問者は・・・

チャドクガ [ Arna pseudoconspersa ]


チャドクガでございます。
ドクガ科(Lymantriidae)、Arna属。

毒蛾。
数あるドクガ科のガの中でも、「ドクガ」の名の通り有毒の毛を持つ本種の幼虫。
いわゆる「害虫」と呼ばれてしまう毛虫の中では、最もポピュラーと言っても過言では無いのでしょうか。






1662_20151016005206ad2.jpg

幼虫は小さいながらも微細な毒針毛を多数持っており、刺されると激しい痒みや炎症を引き起こすと言うだけでなく、チャ、ツバキ、サザンカなど、人間の生活圏に非常に密接した場所にある植物を食草としているため、被害例も多く、非常に恐れられている毛虫であります。



1663_20151016005208805.jpg
前翅の、2本の白い横線と、後縁に2つの黒点があるのが特徴です。
この個体ではかなり薄いですが、白線と黒点(かなり消失ぎみ)がある事から、チャドクガであるとしました。
体長は1.4~1.5mmと、小型のガですが、どこに止まっていても割と目立つ黄色をしております。

10月は成虫の発生時期と言う事もあり、自宅以外でも近所で塀などに止まっているのをよく見かけておりました。
ちなみに成虫の発生時期は7月頃と10月頃の年2回です。


・・・もふもふでかわいいです。
1664_20151016005209538.jpg

恥ずかしがり屋さんなのか、なかなか顔を見せてくれませんでした。
悪名高いチャドクガでありますが、恥じらいながらもかわいい顔をチラりと見せてくれるあたり、憎めないヤツだなと思ってしまいますね。



2015,10,15の訪問者です。



訪問者シリーズその1  タマナギンウワバ
訪問者シリーズその2  クロクモヤガ
訪問者シリーズその3  ブドウトリバ
訪問者シリーズその4  ニトベエダシャク
訪問者シリーズその5  クロバネフユシャク
訪問者シリーズその6  ウスバフユシャク
訪問者シリーズその7  アオズムカデ
訪問者シリーズその8  セスジシミ
訪問者シリーズその9  モンクロシャチホコ
訪問者シリーズその10 アオドウガネ
訪問者シリーズその11 ツマキシャチホコ
訪問者シリーズその12 クロゴキブリ
訪問者シリーズその13 シロテンハナムグリ
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: