カウンター


2015.10.04     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   ひっそりと満開の花・・・ハナサナギタケ

ハナサナギタケ [ Paecilomyces tenuipes ]


ハナサナギタケは、様々な種類のガのサナギから発生し、フィールドでは最もよく目にする冬虫夏草の一種でありますが、アカスジシロコケガの作り出すスケスケの繭を宿主とした時に(これも割と多く見かけますが)、これまた芸術的な作品に仕上がって、つい見入ってしまうのです



たくさんの分生子柄を伸ばした見事な個体であります。
1611_20150925005934f31.jpg
分生子柄が細かく樹枝状に分岐するのがハナサナギタケの特徴。
雨に濡れない場所にあったためか、こんなに美しい姿に成長したようです。



それにしても、自らの体毛をキレイに編んで作られるアカスジシロコケガの繭は、いつ見ても感心してしまう美しさですね。
1609_20150925005931319.jpg
相変わらずいい仕事してます。
こんなスケスケで、一見役に立たなそうな繭ですが、拡大して見ると毛の一本一本に細かなトゲが並んでおり、これはサナギに寄生しようとやって来る小型のハチやハエなどには、かなり有効かと思われます。

しかし、それも菌類の前には全く意味を成さなかったようであります。






1612_201509250100161f1.jpg

ひっそりと繰り広げられる、昆虫と菌類の美しき攻防であります。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: