カウンター


2015.06.20     カテゴリ: 昆虫甲虫 

   オオトラフハナムグリの触角が示す、その先には  Paratrichius doenitzi.

オオトラフハナムグリ [ Paratrichius doenitzi. ]
Paratrichius doenitzi

林縁の葉上で自慢の触角を広げ、周囲を見回しているオオトラフハナムグリ(オオトラフコガネ)の姿がありました。
この季節、こうした姿をよく見かけますが、出会うと嬉しくなる甲虫のひとつですね。



相変わらずの美しさを見せてくれます。
Paratrichius doenitzi
この色使い、模様のセンス、素晴らしいとしか言いようがないデザインは、やはり魅力的であります。
さりげなくカメラ目線までくれたサービス精神たっぷりのこの個体も、数カット撮影したところで素早く向きを変えてブーンと飛び去って行きました。










葉上のオオトラフハナムグリの撮影を終えて、今度はすぐ近くの枯れ沢で倒木を見ていると、小さなキノコの下にもまた、オオトラフハナムグリの姿が。

Paratrichius doenitzi


「こんなところにもいたのか」
と、思って写真を撮っていると、ブーンと羽音を響かせてさらにまた一匹、オオトラフハナムグリがやってきました。

これは、もしや・・・?









倒木の周囲の落ち葉を、そっとどかして探してみると・・・やはりいました。
Paratrichius doenitzi
美しい♂とは似つかぬ地味な姿。
オオトラフハナムグリの♀であります。



Paratrichius doenitzi

オオトラフハナムグリは、幼虫時代は朽木を食べて成長し、成虫になると花の蜜や花粉を求めて活発に飛びまわります。
しかし♀はこのように朽木の下に潜んでいる事が多いようで、さらにこの地味な体色も相まってか、あまりお目にかかれない存在になっているようですね。
知らずに見れば、とても同種とは思えません。

♂は見晴らしの良い葉上に陣取り、自慢の立派な触角のレーダーを駆使して、こうした場所に潜んでいる♀のニオイを探していたに違いありません。




スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
落ち葉の下から♀をみつけるなんて、クマGさん、素晴らしいです。
オオトラフハナムグリの♀とは本当に思いつきませんでした。
どうもありがとうございました!
一枚目の写真で『う~ん、クマGさんチックだなぁ』と
感心し、三枚目の写真で『・・・』言葉無く、感嘆しました。
三枚目は、そうそう撮れる写真じゃないですよね。
五枚目のメスの写真は、ちょっと羨ましいですね~。

ではでは。。。。。。や
かぜくささん

ちょうどこちらもオオトラフを撮影していたところだったので、「?」のコメントにしてみました(笑)
毎年オオトラフが多く発生するポイントがあるので、その周辺で朽木などを探すとメスも見つかります。
まだ探した事はありませんが、朽木の中には幼虫もいるのだと思います。

メスも地味ですが渋くて素敵ですよね。
旅姿さん

ありがとうございます!
3枚目の写真は、見つけた瞬間に「よし!動くなよ・・・」と慎重に距離を詰めましたよ(笑)
地面に這いつくばって撮影した次第でございます。
この日は条件が良かったのか、次々とオスが飛んで来ました。
メスはやはりこういう場所を探すのが手っ取り早いですね。





カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: