カウンター


2015.04.11     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   出会いの舞台は春山ですが、アキヤマアカザトウムシ  Idzubius akiyamae.

Idzubius akiyamae

この造形を目の当たりにした時、ひとり山の中で声をあげてしまったのは言うまでもありません。







アキヤマアカザトウムシ [ Idzubius akiyamae. ]
Idzubius akiyamae

アキヤマアカザトウムシ。
トゲアカザトウムシ科のザトウムシで、日本ではトゲアカザトウムシ科のザトウムシは唯一本種のみ、第一脚にキレイに並んだ鋭いトゲが大きな特徴であります。
体長は3~4mmほどです。



いやあ・・・引きで見ても、アップで見てもほんとに素晴らしいデザインのザトウムシであります。
Idzubius akiyamae
凄すぎる・・・眼丘から伸びる角、ゴツゴツした全身の質感、たまりません。

そしてまるで魚の骨を思わせる、鋭いトゲを纏った第一脚でありますが、それに守られるかのように、内側には折りたたまれた触肢が見えます。
Idzubius akiyamae


ニホンアカザトウムシオオアカザトウムシのそれにも似た、鋭いトゲトゲの付いたカマ状の触肢である事が窺がえます。
Idzubius akiyamae







・・・すばらしい。
Idzubius akiyamae

関東から南西諸島まで、広く分布しているらしいのですが、散発的な分布であるとの事です。
いる場所にはいるようなのですが、この場所では一頭のみしか見つける事ができませんでした。
いやしかしほんと、出会いは突然に・・・いつかは出会えるであろう事を信じ、それをいつも心の片隅においていたクマGでありますが、まさか出会えるとは思わなかった、そんな存在であります・・・

ごつい外見とは裏腹に、ゆっくりと歩き始めるその姿は、重厚な存在感を醸し出しております。
静かなる彼らの生活史は謎に包まれており、見た目以上に不思議な生き物であると言う事は、間違いありません。



今年はこの調子で、まだ見た事のないザトウムシを、もっと見つけていきたいと思う次第でありマス!
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
心の片隅に置いていたものとの出会いは嬉しいですね。
ほんとうに信じられない造形ですね。
私の場合、出会いは突然にで思い出したのは、オオトラフコガネでした。
また突然に出会いたいです(^^)
かぜくささん

嬉しい出会いでした!
やはり実物を見る事の素晴らしさはかえがたいですね。
少しでも魅力が伝わればと思い撮影しました。

オオトラフコガネもひょっこり現れてハッとさせられる生き物ですよね。
今年ももうすぐシーズンがやってきます・・・出会えるといですね!




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: