カウンター


2015.04.19     カテゴリ:  多足類 

   訪問者シリーズ7  アオズムカデ

訪問者シリーズ!

都内にありながら、木々が豊富な大きな公園が隣接している我が家のアパートの建物、玄関周辺には灯火に誘われてガや甲虫など様々な虫が飛来します。
そんな虫達を紹介するコーナーでございマス。

珍しい種は期待できそうもありませんが、普段はスルーしてしまいそうな地味な虫にもなるべくスポットを当てて行こうと思っております。




本日の訪問者は・・・


アオズムカデ [ Scolopendra subspinipes japonica ]
Scolopendra subspinipes japonica

アオズムカデでございます。
オオムカデ科オオムカデ属(Scolopendra)

この完璧な美しいフォルムを見よ!
と、言う事で今までガのみを紹介してきたこの訪問者シリーズでありますが、今回は突然ムカデの登場!・・・となりました。




Scolopendra subspinipes japonica

凶悪・トビズムカデの存在の陰に隠れて、若干目立たない感は否めない本種でありますが、トビズと並び最もよく見かけるムカデのひとつと言ってもよさそうなアオズムカデでございます。
体長は80~100mmでトビズよりも若干小型でスマートな印象のアオズムカデですが、こうして単体で見るとやはり迫力満点であります。




Scolopendra subspinipes japonica
恐ろしいほどに巨大な牙、そして申し訳程度の小さな4つの単眼が織りなす、この無機質な表情がたまりません。

Scolopendra subspinipes japonica

体色のバリエーションは幅広いようですが、この個体は脚の赤みが強くコントラストが美しいです。
実物は非常にトリッキーで生命力溢れる動きをする彼らですが、こうしてパーツごとに写真で見てみると、まるで精密なマシーンのようなフォルムであります。





Scolopendra subspinipes japonica

あらためてじっくり見てみると、ムカデってやっぱりかっこいい生き物ですね。
国産ムカデとは比べものにならない大きさ・迫力を持つ海外種に見慣れた現代においても、実際にフィールドやご近所でこんなのに出くわすと、「おお!デカイ!」となります。
自然の多い場所ではもちろんですが、ちょっとした公園や、時には家屋内に侵入してくる事もある彼等、こんな生き物が身近な場所に生息しているだなんて、夢がある!
・・・もちろん咬まれたくないですが(笑)

おっと、こちらのアオズムカデ、気づけばすでに一ヶ月前の訪問者でした!




2015.3.19の訪問者です。


訪問者シリーズその1  タマナギンウワバ
訪問者シリーズその2  クロクモヤガ
訪問者シリーズその3  ブドウトリバ
訪問者シリーズその4  ニトベエダシャク
訪問者シリーズその5  クロバネフユシャク
訪問者シリーズその6  ウスバフユシャク
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
にゃあ!レッドレッグのアオズとはうらやまけしからんです。 

来月沖縄にて某巨大ムカデ探してきます。
ムカデってかっこいいですね。
こぺんたさん

レッドレッグご近所で遭遇できてラッキーでした!
おおお沖縄っ!
暴れて来ちゃってください(笑)どんな生き物を見せていただけるのか・・・楽しみにしておりマス!
obtusaさん

一見無駄の多いデザインに見えますが、実は一切隙の無いスタイルでありマス!
生命感溢れる機能美ですね。




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: