カウンター


2015.03.12     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   スズキダニザトウムシ  Suzukielus sauteri

スズキダニザトウムシ [ Suzukielus sauteri ]
Suzukielus sauteri

スズキダニザトウムシ。
ダニではございません・・・ザトウムシです。

日本では唯一本種のみである、ダニザトウムシ科のザトウムシ。


Suzukielus sauteri

ガレ場の石裏にて。
体長は2.5mmほどと、ザトウムシとしてはかなり小型であり、ぱっと見は正にダニそのもの、姿も動きもザトウムシらしさは全く感じられないのですが、腹部にしっかりと確認できる腹節が、紛れもないザトウムシの証なのであります。
しかしながら本種の存在を知らなければ、オレンジ色の大きなダニと思ってしまうに違いないでしょう。

全くもって不思議なザトウムシであります!
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
これはあそこですかね?
成体で越冬することが分かってうれしいす笑

あと、あそこでやりすぎると石下の環境が荒れてしまうので、2~3ヶ月に一回くらいのペースにして頂けるとありがたいです。
ジークくん

あの場所・・・ではないんです!
でもなかなかのよい環境で、狭い範囲から成体、幼体、ともに沢山出できました。
こんど是非ご案内したいっす!

もちろん、貴重なよいガレ場です、環境にはじゅうぶん配慮してやっておりますのでご心配なく!(^ 石 ^)
おー!ほんとですか!
ほんとは落ち葉篩いが一番採れるのですが、その話を聞くとかなり密度高そうですねぇ。
ぜひ連れてってください!

ガレ場、初めの年に比べてやはりかなり悪化した気がします。
僕ら以外でほとんどやってないので、結構な改変なんだと思います。。
ジークくん

行きましょう!行きましょう!
面白い土壌生物が潜んでいそうな場所ですよ~
次の記事で少し紹介してみましたがっ。

まあしかしガレ場は貴重ですね。
我々が石をひっくり返す前には、もう何十年も動いていなかった石裏の環境なのかもしれないですし、それを一瞬でもダメージを与えてしまえば、少しづつ環境は変化していってしまうに違いないですからね・・・
保全しながらも、節度を守り楽しみたいですね。




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: