カウンター


2014.12.07     カテゴリ: 昆虫 

   訪問者シリーズその4  ニトベエダシャク

訪問者シリーズ!

都内にありながら、木々が豊富な大きな公園が隣接している我が家のアパートの建物、玄関周辺には灯火に誘われてガや甲虫など様々な虫が飛来します。
そんな虫達を紹介するコーナーでございマス。

珍しい種は期待できそうもありませんが、普段はスルーしてしまいそうな地味な虫にもなるべくスポットを当てて行こうと思っております。




本日の訪問者は・・・

ニトベエダシャク [ Wilemania nitobei. ]


ニトベエダシャクでございマス。
シャクガ科(Geometridae) エダシャク亜科(Ennominae)
おっと、こちらは11月訪問者の出し忘れでした!




1917.jpg


カバノキ科、ブナ科、ニレ科、クワ科、マンサク科、バラ科、カエデ科、ツツジ科、モクセイ科、スイカズラ科
・・・広食ですね。
関東では11月頃に現れるシャクガのようです。。。アキシャクとでも呼びましょうか。

ちなみにこの個体がボロボロなのは、捕獲に失敗したからではなく、すでにこの状態であったと言う事を補足しておきましょう。
どれだけの試練を乗り越えて、ここに到着したのありましょうか。




1918.jpg

翅を傷めているためか、どうしても傾いてしまうようです・・・
毛質がふわふわ、色合いもシックでなかなかオシャレなシャクガなのではないでしょうか。


2014.11.13の訪問者です。


訪問者シリーズその1  タマナギンウワバ
訪問者シリーズその2  クロクモヤガ
訪問者シリーズその3  ブドウトリバ

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こんにちはー!
ニトベエダシャク見れたのですねうらやましい(*´д`*)
私は今年は結局見られませんでしたorz

12月に入り、そろそろ蛾界はフユシャクやキリガ等中心の世界になりそうですね(゚∀゚ )
今回はフユシャク探しの仲間が集まったので、もしかしたらフユシャクを見つけることができるかもです(´∀`)
成果にご期待下さい!笑

P.S 訪問者シリーズその1のキンウワバ亜科の蛾ですが、タマナギンウワバではなくミツモンキンウワバのような気がいたします。みん蛾図鑑の【成虫写真31】が角度も同じで分かりやすいと思いますので、是非確認してみて下さい。また、この蛾はイチジクキンウワバにも似ていますので、そちらもついでに確認してみると良いのではないかと思います。
つい何度も訂正を入れてしまってすみません…(・д・` )
どうもどうも~
ニトベエダシャクは初めて見ました。
12月に入ってからはめっきり訪問者がいなくなってしまったのですが、それにも関わらず中型のシャクガを捕り逃がしてしまたり、いいとこ無しです。
キンウワバ亜科のガもいたのですが、撮影出来ず・・・

みん蛾でミツモン検索してみましたが、どうやらそちらっぽいですね。
いつもありがとうございマス。
それにしても難しい・・・毎度安易に同定してしまっているクマGの詰めの甘さが浮き彫りシリーズです。


さてそんなあころじ先生がどんなレアものフユシャクを見つけるのか!?
こうご期待。
さて、自分も負けじとフユシャク探し行かねば!!




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: