カウンター


2014.11.27     カテゴリ: クモガタ類クモ 

   真っ赤に色付き、燃え尽きる  Araneus ishisawai

Araneus ishisawai

肌寒い曇り空、わずかに射しこんだお昼の太陽に地面の落ち葉が照らされると、そこにはなんだか見慣れぬ大きなクモの姿が。






イシサワオニグモ [ Araneus ishisawai. ]
Araneus ishisawai

ほんのりピンクが差したような、透明感のある美しい身体・・・
そのクモの正体は山地性のオニグモの一種、イシサワオニグモの♀でシタ。
しかし、最初見た時は大きなタカラダニでも付けているのか思ってしまうほどに、その腹部は真っ赤でボコボコと隆起しておりまシタ。
まもなくシーズンも終わりを迎えるであろうイシサワオニグモ、産卵を終えて腹部はしぼんでしまったのでしょうか。
沢などの石の裏に、大きな卵嚢をつくるそうです。







コチラは9月に網を張っているのを見つけた時。
Araneus ishisawai
・・・まるで別種のようデス。
美しいオニグモの1つに数えられるのもうなずけマス。

沢沿いに、頭上より1メートルほど上で輝くオレンジ色は、かなり目立っておりまシタ。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: