カウンター


2014.11.18     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   古の存在感  今年のシャクトリムシハリセンボンその2

シャクトリムシハリセンボン [ Ophiocordyceps sp. ]
Ophiocordyceps sp.

昆虫、菌類、植物・・・
それらをすでに超越してしまったかのような、この姿。


Ophiocordyceps sp.

先日紹介したまだ新鮮なシャクトリムシハリセンボンと同じ日に見つけた、もうひとつのシャクトリムシハリセンボン。
枝ぶりよろしく縦横無尽に伸びたストローマには子嚢果がたくさん付いており、成熟したその身体は、さらに菌糸のようなもので覆われて真っ白に、そしてクモの糸まで纏わりついて、ただならぬ雰囲気を醸し出しておりマス・・・。
去年着床したものなのか、それともさらに前のものなのか。
大きさは20mmほどですが、存在感は抜群でありマス。

まるで樹齢数百年の老木のような佇まい・・・






Ophiocordyceps sp.

湿地がすぐそばにあり、小さな沢も流れているような場所です。

地面から上2メートル近い高さなので、微妙に観察しずらいですが・・・
今まで細い枝先などで見る事が多かったシャクトリムシハリセンボンですが、この個体は太い幹の部分にしっかり着床しており、そのおかげで風がよく通りそうな場所でありながらも、長くその姿を留る事が出来たのかもしれません。


シャクトリムシハリセンボンなどの気生型種は通年探す事が出来る冬虫夏草なので、木々が葉を落として視界が開けるこれからが、むしろシーズンと言えるのかも知れないですね・・・本種はもちろんですが、ヤンマタケが枝にぶら下がっている姿、是非ともこの目で見たいものデス。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: