カウンター


2014.10.04     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   蠢く森 2

ケバエの一種、幼虫
KEBAE

下草のすき間からふと見えた地面が、なんだか蠢いている・・・

そっと覗きこむと、おびただしい数の毛虫がまるで一つの生き物かのように渦を巻いて移動しておりまシタ。
毛虫の大きさは約10mmほど・・・毛虫の流れを指でつついてみると、我先にと一斉に地面にもぐり始めマス。

この毛虫の群れはケバエの仲間の幼虫で、腐った植物質を餌として地中で育つのデスが、市街地などでも現れるこの毛虫の群れは、秋から冬に地表に現れて、しばしば人々を驚かせているようデス。
虫が苦手人が見れば、これぞまさに恐怖以外の何ものでも無いでしょうが、もちろん人間を刺したりなどと言った害は全くありまセン。

ケバエの幼虫達はこのような状態で越冬し、春先に地中でサナギになり4月〜5月、いっせいに成虫が羽化するのでありマス。












蠢くと言えばこんなのも・・・
大きな樹の根元に、ハラビロカマキリらしき姿を見つけたのデスが、ヨタヨタぴょこぴょこ、どうも様子がおかしいのデス。
近づいて見てみてると、なんと頭が無いではありまセンか
両方のカマもかなり破損しておりまシタが、身体はまだ元気(?)なようでとにかく前へ進もうとするのデスが、複眼も触角も無いために方向が定まらず、右へ左へふらふらと彷徨い歩き回っておりまシタ。



1411402169uC9yrkI1EUvSNuz1411402167.gif


この個体が♂である事から、頭を食べた相手が何者なのか、だいたい察しはつきマスね・・・

そう、森は動いているのデス。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
あわわわ
冬には亡くなってしまわれるでしょうけれど
この状況って・・(/_;)
いやいやいや、ニンゲンに例えてはいけませんね。

劇的瞬間動画をありがとうございます!
こんにちは。

スゴイことになってますねぇ、このカマキリ。つくづく、昆虫って脊椎動物とは違う方向に進化したんだなぁと痛感しますね。
ニンゲンに例えたら・・・・(笑)
恐ろしいデス・・・

きっともう間もなくエネルギー切れになるか、周りを歩いているアリに襲われるか、でしょうね。
頭を食べられてしまったとしても、交尾が成功して子孫を残す事が出来ている事を願います。。。
それにしても元気に動いていました(笑)
訪問ありがとうございます。

交尾中に頭を食べられてしまった♂は、神経回路が切断されて交尾をし続ける事が出来る、と言う説もあるようですが、この♂はどういうワケか逃げてきてしまったようですね・・・
そのまま食べられて♀の栄養源になるというのが一番よかったのでしょうが、このままではアリの餌食デスね。

もしかしたらこのまま次の♀と交尾していたりして(笑)
ケバエでしか。
私も昨日、2ヵ所で見つけて、
なんだろうって思っていました。
なかなか驚きの光景ですよね。
もしや、地下に何か埋まっているのではないかと思ってしまいます。

来春はきっと、成虫も大発生するの事でしょう・・・(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: