カウンター


2014.09.07     カテゴリ:  菌類 

   雷をも操る金剛の武器・・その香りとはいかに。  Pseudocolus schellenbergiae

サンコタケ [ Pseudocolus schellenbergiae ]
Pseudocolus schellenbergiae サンコタケ

サンコタケ。
密教法具の一種、三鈷(さんこ)に形が似ている事から名づけられたようでありマスが、時間が遅かった為か発見した時にはすでにこんな状態、三鈷と言うよりは地面から生えたタコの足のようでありまシタ。

どちらにせよ、異様な雰囲気を醸し出しているのには変わりありまセンが、醸し出しているのは怪しさだけでなく、粘液化した胞子液・グレバからなる悪臭が大きなハエを呼び寄せて、写真を撮ろうとカメラを近づけると、例えるなら腐った魚のような臭いが漂って来マス。




Pseudocolus schellenbergiae

魅惑の香りに引き寄せられてまた一匹、新たなお客さんがやって来たようデス。
しっとりと湿った森に燃えるようなサンコタケは、グレバ香る秋の色。

スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: