カウンター


2014.08.04     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   やっぱり、なんだか草餅を食べたくなってしまう  Lophophora diffusa

暑い日が続いておりマスが。
先日は7月31日、我が家のベランダPlants達の中において、長きの沈黙を破った者が現れまシタ。
Lophophora diffusa
この小さなツボミは、我がベランダの中でも数少ないサボテンの一種であるロフォフォラ・ディフューサ(翠冠玉)のもで、その独特な風貌と色合い、もっちり柔らかなとてもサボテンとは思えない姿に一目ぼれし、あれこれ吟味して(素人なりの)購入したのが、もう2年以上前・・・








ロフォフォラ 翠冠玉 [ Lophophora diffusa ]
Lophophora diffusa
そして8月4日現在・開花中!
おお・・・なんとも清楚な白さをお持ちの、繊細なお花。




花の直径は20ミリほど、株の直径は42mmほどデス。
Lophophora diffusa

・・・と、ロフォフォラを知っている方なら、株本体の方にはまだまだ物足りなさを感じるかと思われマス。

そう、この株は購入してから2年以上前経ちマスが、大きくもならず、かといって小さくもならず、ほぼ変化のないままこの夏を迎えていたのでシタ。
成長が遅い種類だとは聞いていまシタが、ここまでとは・・・
しかしながら邪険にする事なく、少ない毛が痛まぬように周りから水やりをしたり、砂ぼこりをブロワーで吹いてあげたり(笑)と、大切に育てて来たのデス。
今年の大雪の際には、ベランダに大量の雪が吹き込み、不覚にも雪が積もってしまったりしたこのロフォフォラでありマスが、それにも負けずに無事冬を越え、そして春からは日当たりと水やりを去年よりも「ほんの少し」多くしてみたのでシタ。




Lophophora diffusa
透明感ある雪のような白さは、暑さも忘れる美しさデス。


Lophophora diffusa

ロフォフォラの醍醐味であるフワフワもイボイボも、全くと言っていいほど現れていない我が家の株・・・
まぁ、これはこれで可愛らしいからいいか!・・・と、言う事で。

今年の開花を機に、どんどん成長してくれたらいいなぁ、なんて思いながら、また気長に付き合って行こうと思う次第でありマス。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
なんて魅力的な生き物!
ほんとうに暑さを忘れました。
サボテンや多肉植物は、苔とは対照的なイメージですよね。
しかしながら両者とも特殊な環境に適応した結果、魅力的な姿になっていったのだと思います。

このロフォフォラは、古くはネイティブアメリカンの祭事に用いられた、幻覚作用を持つサボテン「ペヨーテ」としても有名です。




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: