カウンター


2014.06.08     カテゴリ:  植物 

   淡く、渋く、咲き乱れる  サイハイラン  

サイハイラン [ Cremastra appendiculata ]
Cremastra appendiculata











今にも雨が降り出しそうな朝の山道。
小さな沢沿いを歩いていると、沢の向こう岸の林縁に茂るシダや下草の間から、渋いピンク色が見え隠れしておりマス。

これはと思いすぐに沢に下り近づいてみると、そこにはサイハイランの小さな群落がありまシタ。
Cremastra appendiculata

木陰のしっとりとした空気の中、下草の中からあちこちサイハイランが顔を出しておりマス。
地面から突き出した30~40㎝の花茎には、ややうつむき加減に構えた花が10から20垂れ下がり、淡いピンクの花弁が、まるで采配を振るったかのごとく舞っている姿は、正に満開と言ったところデス。
派手さはなく控えめなその色合いデスが、遠くからでも目をひきマス。


どうやらこの辺りでは、たくさん見られるランなのだと言う事らしいのデスが・・・うれしい出会いでシタ。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
これは素敵ですね。
私が見たのはヘタっていて、色も褪せていました。

しかもこんな群落羨ましい。
下草の合間からその姿を見つけた時の感動、沢へと足早に下りて行く鼓動、とても伝わってくる良い写真ですね。
遠くからでもこの淡いピンクが目立つほど、満開の状態だったこの日のサイハイラン、いいタイミングで見る事が出来てラッキーでした。
花はほんとにタイミングが重要デスね~。

一応、見たい植物をピックアップしてはいるのデスが・・・梅雨に突入してしまいましたね・・・。
月光守宮さんの情熱的かつ情緒的な写真と文章楽しみにしておりマス。
つぎは何が登場するのか?!
ピンク色の濃淡で決め、細い花弁の、大人の女性を思わせる花ですね♪
クマGさんの解説で、花も虫もよく覚えられます。
かぜくささんは花や葉などをいつも様々な方法で写真にとられていて、いつも「おお!」「なるほど!」の連続です。
ボク自身はこのブログを更新しながら虫や花について勉強しているつもりデス・・・とくに植物はちゃんと見るようになってからまだ日が浅いので、発見が多く楽しんでおりマス。

フィールドに行くと、見たいものが多すぎて困ってしまう季節ですね!(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: