カウンター


2014.02.18     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   あの枯れ枝を見に行こう

シャクトリムシハリセンボン [ Ophiocordyceps sp. ]
Ophiocordyceps sp.

東京は、この冬2度目の大雪に見舞われまシタ。
自然現象の前においては、都市機能などいとも簡単に停止させられてしまうと言う事を、あらためて思い知らされマスね。




そんな中、去年の夏に見たシャクトリムシハリセンボンは、まだしっかりと細い枝先にその姿を留めておりマス。
夏よりもさらに乾燥し、カサカサした印象になった気がしマスが、こんな場所で風雪に耐え、まだ落ちずに残っていてくれた事に、嬉しくなりまシタ。
以前にもまた別のシャクトリムシハリセンボンを見つけたこの場所だけに、今年も新たなシャクトリムシハリセンボンを発見する事が出来そうで、楽しみでありマス。






そんなカサカサのシャクトリムシハリセンボンが着床している、これまたカサカサになって今にも折れそうな枝にも、よく見ると新たな芽が控えているのが見えマス。
そしてその枝のすぐ隣の枝には、たった1枚残った枯葉で越冬中のクサカゲロウの一種が、鮮やかな緑色を添えておりまシタ。
クサカゲロウの一種
1611.jpg

枝を少し動かして、レンズを近づけると、触角をゆらゆらと動かしておりマス。
枯茶一色のカサカサに、一点潤いを与える緑色が、まだ見ぬ春を予感させてくれるのでありマス。









人間界には災害とも言える程の、多大な影響を及ぼしている今年の大雪でありマスが、自然界では乾燥した冬の空気に、潤いを与える恵みの雪に他ならないのデスね。

1620.jpg




・・・とは言え、今週もまた雪の警報が出ている東京都・・・

未だ物流や交通が完全に復帰していない中、3度目の大雪はやって来るのでありましょうか?
現実はやはり、風流を決め込んでるワケには行きまセン、今週も完全防備の長靴出勤でありマス。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: