カウンター


2014.01.30     カテゴリ: 昆虫 

   冬の楽しみ

フユシャクの一種♀


またまたフユシャク亜科のメスでありマス。
前の記事とは別の個体、体長は7mmほどでまるまるとしておりマス。

ぷっくり可愛らしい姿に、ついカメラを向けてしまいマスが、拡大してみると全身はくまなくザラりとした鱗片に覆われておりマス。





1598.jpg

なかなか虫探しに出かけられないここ最近ではありマスが、フユシャクは近所の公園でも探す事が出来る、この季節のよき遊び相手なのデス。
今年は昨シーズンに見れなかった種も、是非探してみたいところでありマス。


とは言え、振り返れば1月の記事が全部フユシャクになってしまいそうな勢い・・・













と言う事で、おまけデス。

1595.jpg


頭隠して尻隠さずの図。

この状態で越冬に突入してしまったようデスが、大丈夫なのでしょうか(笑)
・・・まもなく2月、まだまだ寒さを満喫出来そうでありマス・・・皆様も風邪など引かぬよう、ご注意を!





スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
いやもう、フユシャク連打、すごいなあと。
うらやましい限りです。
恥ずかしながら私、いまだにフユシャク見たことありません。
よく言われるようにコナラとかサクラの幹なんかを
じっくり見て歩いてるつもりなんですけどねー。
いまだポイントつかめず、
この先どこをどう探せばいいのやら。
フユシャク、最初に見つけた時は感動ものでした・・・!

♀は特に想像よりも小さい種が多いですし、活動時間ではない昼間はじっと動かないでいる感じなので、樹皮などに溶け込まれたら見つけ出すのは至難の技デスね・・・
ボクの場合、森で探すのは諦めて、最初に見つけたのは公園の偽木の柵でしたので、人工物にとまっているものは見つけやすいかと。

あとは♂を探すのも手デス。
昼間でも、とまっている♂の翅の下に交尾した状態で♀が隠れてる場合がたびたびありました。
意外にも腰から下くらいの低い位置にとまっている事も多いような気がするので、ここは姫を連れてフユシャク探しをしてみては?

出会える事を祈っておりマス!
ご教示ありがとうございます!

そうですねー、いかにもメスは難しそうです。
時には膝をつくようにして探してたんですが……
おっしゃるようにまずはオスを探すか、
人工物を探すのが手っ取り早そうですね。
がんばってみます。今年こそは。
フユシャクのシーズンはまだまだ続きマス!
今年は、夜間にひっそりと出会うオスとメスのドラマチックなシーンを探したいと思う反面、なかなか虫探しに出かけられていない日々でありマス。
おまけに風邪まで引いてしまう始末・・・

イチモンジフユナミシャク見たい!
寒いデスが、お互いがんばって行きましょう!(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: