カウンター


2014.01.17     カテゴリ: 昆虫 

   ナミスジフユナミシャク  Operophtera brunnea

ナミスジフユナミシャク♂ [ Operophtera brunnea ]
Operophtera brunnea


夕暮れ近く、ひらひらと姿を現したナミスジフユナミシャク。

さざ波模様もだいぶ薄れてきている個体でシタが、まるみをおびた翅が特徴的デス。
この辺りでは12月下旬~1月に現れる、ナミシャク亜科のフユシャクでありマス。


Operophtera brunnea
ぼんやり模様のナミスジフユナミシャク・・・ぼんやり見えるのは撮り方のせい!?(笑)すみまセン。






同じくナミスジフユナミシャクの♀デス。
Operophtera brunnea

♀の体色は茶色っぽいものから灰色まで様々なようデスが、こちらは非常に美しい白い個体。
退化した小さな翅も特徴的でありマス。

こうして見ると目立ちマスが、これがいったん目を離すと樹皮にスっと溶け込むのデス。
♀の体長は7~9mmほどデス。





ウインター・ エフェメラル・・・
もっとドラマチックなフユシャクの姿を撮りたいなぁと思う、今日この頃でありマス。


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
フユシャク、美しくて素敵なガですね!!
この時期はいつもフィールドに出る回数が減ってしまうのですが意外と色々居るものですね!!
こちらは先日山で猿の群れに威嚇されまくりました・・・。
フユシャクは一見地味デスが、繊細な魅力と儚さがなんとも趣なガだと思うんデス・・・
写真も地味になりマスが、冬らしさと言う事で(@_@;)

猿の群れ!?
それをかいくぐったフィールドにて何を探したのか、期待しちゃいますよ!?(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: