カウンター


--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.12.10     カテゴリ:  植物 

   葉を愛でてよし、花を見て考えてもよし。   Asarum nipponicum

カントウカンアオイ [ Asarum nipponicum ]
Asarum nipponicum

夏にはヤマユリも咲いていた場所でありマス。

かつては覆い茂る下草にその姿を隠していたのであろう、鮮やかな斑入りの深緑色の葉を、赤く染まった落ち葉がよりいっそう引き立てておりマス。


カンアオイは「寒葵」と書く通り、寒い冬の間もなお、この青々しさを保つのでありマス。
ウマノスズクサ科カンアオイ属の常緑多年草で、日本では江戸時代より園芸品種としても人気が高く、美しい葉の姿や斑の変化を楽しめる野草盆栽として現在でも愛好家は多い植物のようデス。
しかしこのカンアオイ、見どころは美しい葉だけではありまセン。







地面から直接伸びているような葉の下を覗くと・・・ありまシタ。
落ち葉に埋もれながら、黒くて奇妙な姿の花がぽっかりと口を開けているのが、お分かり頂けるでしょうか。
Asarum nipponicum

この花、花弁ではなく萼片(がくへん)が3裂したもので、地面を這うように、いやむしろ埋もれるように咲いているその異様な姿は、かの世界最大の珍花・ラフレシアに例えられたり、多肉植物界の中でも個性的な花を咲かせるガガイモ科の花を彷彿とさせマス。

そんな熱帯珍花のようなカンアオイでありマスが、世界的に見ると東アジアを中心に北半球にしか分布はなく、その中でも日本には半数近くの種が生息していると言いマス。

地域による微妙な違いや変種が非常に多く、それはカンアオイの成長がとてもゆっくりで、さらに他の場所に広がると言う事も非常にゆっくりだから、地域変異が起こりやすい・・・そのなかなか拡散しない秘密はこの花にもあるようなのデス・・・花粉媒介者である生き物との関係・・・



このカントウカンアオイ、その名の通り関東では代表的な種と言う事デスが、これから冬の間が花期、まさにシーズンと言うワケなので、さらに追いかけてみようかと思いマス。
また多摩地区の丘陵には「タマノカンアオイ」たる地域限定の種も生息しているとの事・・・不思議な花の秘密と共に、この季節に楽しませてくれそうな植物でありマス。







スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
こっそりきれいな葉の下でガガイモを思わせるお花が咲いていますね~♪農協に出回るといつも気になるカンアオイ~ちょっとにおって~っ(^◇^)どんな~お臭いがするのか知りたいのでありマス♪うふふ~♪何となく惹かれてしまう草姿ですね~♪
どうも!
葉と言い、花と言い、奇妙でとてもカッコいい植物デスね~
多肉ジャングルtakoさん家に自生していてもおかしくないこの姿!
また山で出会った時は、もっと花をじっくり観察し、においも嗅いでみマス・・・(^葵^)
私もこの前カンアオイ見ましたよ!!
なんか妖しくて素敵だなと思ったら、確かにラフレシアに似た部分がありますね。
その時ニオイを嗅いでみましたが、臭いのかと思いきや結構お花の香りっぽい良い香りがしました、個人的な感想ですが。
もちろん月光守宮さんのカンアオイの記事は拝見しております!
テンナンショウにはじまり、やはり惹かれる植物の方向性が似ているなぁと思いつつ・・・
ボクはニオイを確認する以前に、カンアオイの花を詳しく観察する事が出来ていないので、この冬はまたカンアオイ探ししてみようかと思っております。
冬もやっぱり外に行くべきですね!!




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。