カウンター


2013.11.22     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   過ぎゆく季節を見つめる   Nelima genufusca

オオナミザトウムシ [ Nelima genufusca ]
Nelima genufusca

山に行けばそこらじゅうを闊歩していたオオナミザトウムシも、この時期になるとすっかり数が少なくなり、こうして♂♀ペアでひっそりと寄り添っている姿をよく見かけるようになりマス。

秋晴れとなったこの日は、日中の暖かい日射しに誘われて地面を徘徊している個体にも会う事が出来まシタ。







・・・とはいえやはり、空気はすっかり秋デス。
Nelima genufusca
サワグルミの大きな半倒木、その苔むした樹表にて。
実は去年も同じこの樹で、シーズン最後のオオナミザトウムシを撮影しておりマス。
今年は秋の木漏れ日に包まれた一枚となりまシタ。









なんだか紅葉はイマイチでしたが、遠くに見えるススキがとても綺麗な、そんな日でありまシタ。
Miscanthus sinensis
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
最近ザトウムシさんのどアップを見ても「お~針足の黒いザトウムシさんだわ~」な~んて違和感なく見慣れてきました(^◇^)可愛くも見えてきたりして~♪
ススキの群生、山歩きに行かない私にはとても秋景色奇麗に見えます♪
ところで・・・ザトウムシさんは景色により擬態変身もするのですか?ちょっと知りたいです。
takoさんもすっかりザトウムシの魅力に気づいちゃったみたいデスねぇ。
ザトウムシは景色によって擬態変身・・・そんなたいそうな技を持っている生き物はではないデス(笑)

ただ、豆粒のような体と細い針脚は、風景に即座に溶け込みマス・・・気にしなければ、通り過ぎてしまうでしょう。
さらに、ちょっと刺激すると体をはげしく揺らして、あたかも風でゴミがひっかかって揺れているかのように見せる動きをする事がありマス。
・・・まあ、基本的には敏感な針脚を触角がわりにして、異物に触れた瞬間にわたわた走って逃げる、これがいつものパターンですね(@_@;)

山に行かなくても、自宅で美しい紅葉や秋の花を見れる、そんなtakoさん家こそ「多肉山」ですよ!(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: