カウンター


2013.11.16     カテゴリ: 昆虫 

   秋と冬のあいだに Saturnia jonasii

先日、久々に向かう事の出来た山は、すっかり冷たい空気に包まれておりまシタ・・・




秋はどこ行った?!
そんな事を思わせるほどキーンと冷え込んだ空気は、秋を通り越してすでに冬を感じさせるものデス。

そういえば、東京では去年より7日も早く木枯らし1号が吹いたと言うニュース。
寒いわけデスね。




そんな中、晩秋のガを求めてここへやって来たのでありマス。
晩秋のガとはそう、ウスタビガとこのヒメヤママユなのデス。

ヒメヤママユ [ Saturnia jonasii ]
Saturnia jonasii


沢沿いの小さな灯火にて。

山道から少し入ったところにある、なんとも頼りなげな灯火の青白くぼんやりとした灯りには、思いのほか多くの小さななガ達が集まって来ており、虫達の活動している姿に少し安心させられまシタ。

寒さと期待に急がされ、足早に次の灯火へと進むと・・・
遠くからでも一目でソレと分かるシルエット、思わず駆け寄りマス。

この日最初に出会ったヒメヤママユは、しっとりとした新鮮さを保った、これ以上ない美しさでありまシタ。
寒さも一瞬にして忘れてしまう、この存在感でありマス。










発達した触角も非常に美しい、♂の個体デス。
Saturnia jonasii

この日はこの個体の他に、数頭のヒメヤママユを見る事が出来まシタが、どの個体も疲れきってボロボロになっており、クモの巣にかかっている個体もいまシタ。
ここ数日ぐっと気温が下がっていた中、こんなにも美しい個体に出会えた事はとても幸運でシタ。





ふかふかの絨毯は、上質な毛並みと秋にぴったりの美しいお色でございマス。
Saturnia jonasii




結局、ウスタビガは見る事が出来ませんでシタが、それでも十分満足の出来る、至福のひと時を過ごす事が出来まシタ。
夏の賑やかな灯火もいいデスが、冷たい空気の中に佇む静かな灯火も、また趣でありマス。





まだ秋が残っているうちにもう一度おいで・・・晩秋のガ達は、そんな事を言っているようでシタ。



Saturnia jonasii



特徴的な眼状紋は、実は4つありマス。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
めちゃくちゃ美しくてうっとりです! 目、猫科動物の擬態に見えますね−。
凄すぎる毛皮のマント~もふもふですね~♪ナデ撫でしたらお粉が散るのかしら…おかおも手も触角も?もふもふ~こんなブローチ売っていたら・・・買っちゃうかも~(^◇^)

美しいデスね〜。
引きで見ても、また細部をじっくり見ても、いい。
このもふもふ感に目玉模様、もはや昆虫の枠を超えてマスね(笑)
豪華なもふもふ感でございマス!

その通り、お粉は散り散りなのデス・・ガはサナギから羽化したてはこのようにキレイなのデスが、日にちが経つにつれてお粉は散り散り、毛はハゲハゲになってしまうのデス。
季節限定のゴージャスブローチ!!
ヒメヤママユの美しさもさることながら、
いつもながらの美しい写真、さすがです!
私の便所窓のヒメヤママユとは雲泥の差。

ありがとおうございマス!
のはらサンの記事を読んで、これは行かなくては!と思った次第でありマス!(笑)
やはりガは美しい!

しかしながら、公園などの便所というのは意外なガに出会えるスポットですよね。
必ずチェックするようにしておりマス!(怪しまれない程度に・・・)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: