カウンター


2013.09.12     カテゴリ: 昆虫 

   夏のおもひで

リンゴツノエダシャク [ Phthonosema tendinosarium ]
リンゴツノエダシャク  Phthonosema tendinosarium

いつの間にかすっかり秋デスね・・・




最近は全く外に虫探しに出かけられない毎日を送っておりマスが、いかがお過ごしでしょうか。
そんな秋の夜長のお供にと、この夏に出会ったガをざっくりまとめてみまシタので、よろしかったらどうぞ。



未同定・同定ミスなどご指摘いただけるとありがたいデス。



ブドウトリバ [ Nippoptilia vitis ]
ブドウトリバ  Nippoptilia vitis 十字架に貼り付けスタイルのトリバ科の一種、ブドウトリバ。
一度見たら忘れない個性派ガでありマス。



マドガ [ Thyris usitata ]
マドガ  Thyris usitata花によく集まる、小型の可愛らしいガ、マドガ。
交尾中の様子デス。


ツマキホソハマキモドキ [ Lepidotarphius perornatellus. ]
Lepidotarphius perornatellusメタリックグリーンが美しい、ツマキホソハマキモドキ。
小さいながらも、まるで甲虫かのような輝きで、よく目立っておりマス。→成東・食虫植物群落にて


マルモンシャチホコ [ Peridea rotundata ]
マルモンシャチホコ Peridea rotundata その名の通り、丸い紋が目印のマルモンシャチホコ。
渋いガでありマス。


アミメリンガ [ Sinna extrema ]
アミメリンガ  Sinna extrema ゴールドとパールホワイトの網目、アミメリンガ。
とても美しいリンガで、昼間は一体どこにいたのだろうと言う程に目立ちマス。



ホソオビヒゲナガ [ Nemophora aurifera ]
Nemophora auriferaホソオビヒゲナガ。
長いヒゲはもちろん特徴的デスが、メタリックな翅もなかなかの美しさデス。



トビイロシマメイガ [ Hypsopygia regina ]
トビイロシマメイガ  Hypsopygia regina 紅色が美しい、トビイロシマメイガ。
止まる姿も可愛らしいデスね。


ギンモンスズメモドキ [ Tarsolepis japonica japonica ]
ギンモンスズメモドキ  Tarsolepis japonica japonica
リフレクターのような銀紋、ギンモンスズメモドキ。
なんともカッコいいガでありマス。シャチホコガ科。



シロシタバ [ Catocala nivea nivea ]
Catocala nivea nivea真夜中の樹液を占拠していた、シロシタバ。
堂々たる迫力のbodyでございマス→漆黒とくれば・・・ シロシタバ


テンヅマナミシャク [ Telenomeuta punctimarginaria punctimarginaria ]
テンヅマナミシャク  Telenomeuta punctimarginaria punctimarginaria テンヅマナミシャク。
何故かこの渋い翅色に惹かれマス。沢沿いの小さな灯火にて。


アミメオオエダシャク [ Mesastrape fulguraria consors ]
アミメオオエダシャク  Mesastrape fulguraria consors アミメオオエダシャク
大胆な網目が暗闇に目立つ、大型のエダシャクでございマス。


未同定
971.jpg



ハイイロオオエダシャク [ Biston regalis comitata ]
ハイイロオオエダシャク  Biston regalis comitata ハイイロオオエダシャク。
横長のシルエットが特徴的な大型のエダシャク・・・しかし「灰色」ではないような気がしマス。


ホソスジナミシャク [ Lobogonodes complicata complicata ]
ホソスジナミシャク   Lobogonodes complicata complicata 繊細な翅の模様が美しい、ホソスジナミシャク。
昼間、雑木林の樹皮に下向きで止まり、翅を開いたり閉じたりと言う動きをしているのを度々見かけまシタ。


シモフリスズメ [ Psilogramma increta ]
シモフリスズメ  Psilogramma incretaシモフリスズメ。
シャープな顔立ちのスズメガでありマス。


クチバスズメ [ Marumba sperchius sperchius ]
クチバスズメ  Marumba sperchius sperchiusクチバスズメ。
最も多く見かけた印象のスズメガ。大型で美しいデス。


ウスギヌカギバ [ Macrocilix mysticata watsoni ]
ウスギヌカギバ  Macrocilix mysticata watsoniウスギヌカギバ。
透けるような白が繊細な美しさを持つガでありマス。


オスグロトモエ [ Spirama retorta ]
オスグロトモエ  Spirama retorta オスグロトモエの♂と思われマス。
巴模様がカッコいいトモエガの仲間デス。

オスグロトモエ [ Spirama retorta ]
オスグロトモエ  Spirama retorta オスグロトモエの顔デス。
チラッと見える裏側が赤いのが、夏型の特徴でありマス。



シンジュサン [ Samia cynthia pryeri ]
シンジュサン  Samia cynthia pryeri シンジュサン。
大型のヤママユガ科の中でも、特に大型のシンジュサンは、妖艶たる翅の美しさも最大級でありマス。


未同定
994.jpg大変美しく、特徴的ながらも未同定・・→ヤガ科・トビイロトラガ [ Sarbanissa subflava ]


スジベニコケガ [ Barsine striata striata ]
スジベニコケガ  Barsine striata striata鮮やかでとても目立つ、スジベニコケガ。
見る度にハッとするこの翅の鮮やかな紋様・・・

スジベニコケガ [ Barsine striata striata ]
スジベニコケガ  Barsine striata striata昼間、葉裏に隠れていてもよう目立ちマス。



ベニヘリコケガ [ Miltochrista miniata ]
ベニヘリコケガ  Miltochrista miniataベニヘリコケガ。
コチラも黄色いコケガですが、黒い線模様が美しいデス。


ホシオビコケガ [ Aemene altaica ]
Aemene altaica
小型の可愛らしいコケガ、ホシオビコケガ。
ごま塩模様が素敵デス→イワタバコで一服を


クロオビノメイガ [ Pycnarmon pantherata ]
クロオビノメイガ  Pycnarmon pantherata クロオビノメイガ。
リュックの汗を吸っているところデス・・・小型ながらよく目立つ美しいノメイガでシタ。


ツマグロシロノメイガ [ Polythlipta liquidalis ]
ツマグロシロノメイガ   Polythlipta liquidalis ツマグロシロノメイガ。
止まる姿が印象的で、ついついカメラを向けたくなるこの仲間(笑)


リンゴツノエダシャク [ Phthonosema tendinosarium ]
リンゴツノエダシャク  Phthonosema tendinosarium リンゴツノエダシャク。
記事冒頭の写真と同個体デス。触角の美しさにあらためて気付きマス。


未同定
991.jpg


未同定
992.jpg


クロモンアオシャク [ Comibaena delicatior ]
クロモンアオシャク  Comibaena delicatior クロモンアオシャク。
アオシャクの仲間も他に数種見ていたのデスが、撮影していたのはコレだけ・・・


未同定
986.jpg


未同定
1005.jpg


未同定
1004.jpg


未同定
1022.jpg透けるような白い身体の、小型のガでありマス。


モモブトスカシバ [ Macroscelesia japona ]
Macroscelesia japonaモモブトスカシバ。
他にもスカシバに遭遇したのデスが、撮影出来ず・・・なんとも魅力的なガでありマス。→モモブトスカシバに乾杯


ゴマフボクトウ [ Zeuzera multistrigata leuconota ]
ゴマフボクトウ Zeuzera multistrigata leuconota
ゴマフボクトウ。
フワフワの頭、斑模様の翅、なんともおかしなガなのデスが、こうして筆文字と並べると何故か渋い印象に。


カラフトゴマケンモン [ Panthea coenobita idae ]
カラフトゴマケンモン  Panthea coenobita idae カラフトゴマケンモン。
ボクトウガによく似ておりマスが、フワフワが無いのデス。ウスベリケンモン亜科。


キマダラオオナミシャク [ Gandaritis fixseni ]
キマダラオオナミシャク  Gandaritis fixseniキマダラオオナミシャク。
まるでチョウかのように鮮やかでしかも活発な大型のナミシャクでありマス。灯火でもよく目立つ存在デス。



フタツメオオシロヒメシャク [ Problepsis albidior matsumurai ]
フタツメオオシロヒメシャク  Problepsis albidior matsumuraiフタツメオオシロヒメシャク。
これまた大変繊細な美しさを持つヒメシャク、フタツメオオシロヒメシャクでありマス。ラメ素材を散りばめたかのような紋が独創的デス。



ヤママユ [ Antheraea yamamai ]
ヤママユ  Antheraea yamamai ヤママユ。
このモフモフ感、ボリューム感はいつ見ても嬉しくなってしまう、お馴染みのヤママユでございマス。






やはりざっくりしすぎ感は否めまセン・・・
来年はもっとディープに、そして丁寧に!!(笑)


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
すごい! 圧巻です。
ひと夏でこんだけの美麗種に出会えるなんて……
さらに写真の力で、よく見るやつでも魅力倍増です。
蛾も大好きな私、あこがれ蛾が一気に増えました。

ありがとうございマス!
最近撮影に行けてないので、とりあえずドカンとまとめてみました(^ν^)

ほんとはもっと小さいガなんかがまだまだいたはずなんですが…
丁寧に全部撮影してたら、同定に一年くらいかかってしまいそうデス笑

それにしても、幼虫・成虫ともに魅力的な昆虫ですよねー!
シンジュサンいいなぁー…

今年は私もなかなか遊べていないのですが、そんな自分に要らないプレゼントが…


マンション横のサザンカの生垣を全て丸裸にしてベランダに大量に侵入してくるチャドクガの幼虫!半端ない数!
さすがにコレでは布団も干せないので駆除してやろうかと。
お久しぶりです!
お元気ですか?

シンジュサン…
見た瞬間、あの夜の事を思い出しましたよ 笑
また行きたいですね、凄まじい勢いで飛び回るオオミズアオの姿が、いまでも鮮明に思い出されマス。

自宅のベランダで虫が見れるのは嬉しいですが、それが大量のチャドクガとは…!
ある意味すごい虫運。笑
娘さんがチャドクガに刺されぬうちに、全面駆除すべきですね!
…しかし、紛い物さんの娘さんが毒毛虫好きの虫ガールに育つと言うのも、なかなか素敵かも。。笑

あ、娘共々元気でございますよ。

娘さんは平気でモンクロシャチホコの幼虫をつついてます。
将来きっとモテませんwww

いやー、また行きたいですねー。筑波山に灯下採集とか行きたいなぁ。
着実に虫ガールへの道を歩み初めておりマスね・・
素晴らしい。

ちっちゃいイモムシですら怖がる、現代っ子ボーイズ達にとって、毛虫も平気な女の子はかなり強烈なハズ!
・・逆にモテモテになったりして!

でもそれはそれで、父親としは心配だったり、、、しますよね?(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: