カウンター


2013.09.16     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   ヨコジマオオハリバエ

以前に紹介した謎ハエ・ Calozenillia tamaraと同じ、ヤドリバエ科の一種デス。

ヨコジマオオハリバエ [ Tachina jakovlevi. ]Tachina jakovlevi



ハエもこのくらいのサイズになると、なかなかの強烈キャラでありマス。
体長は15mmを超える大型のヤドリバエ、ヨコジマオオハリバエでございマス。
名前の通り、剛毛はすでに針と化しておりマス。


後脚を器用に使い翅のお手入れをしているトコロ。






卵胎生で、幼虫はチョウやガなどの幼虫に寄生し体内で育つと言いマス。

♀の体内で孵化した初齡幼虫は地面に産み落とされ、寄主となるの鱗翅目の幼虫が通りかかるのをひたすら待ち続けると言われておりマス。
もちろん、鱗翅目の幼虫に巡り会えなかった個体はそのまま死んでしまいマスが、不運にも寄生されてしまったイモムシはこのような大きなハエが成虫になる為に、体内から食い尽くされてしまうワケなのデス。
Tachina jakovlevi

謎多きヤドリバエ科・・・






ゴツイ見た目デスが、成虫は花に集まり、蜜や花粉をエサにしておりマス。



スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
おぉ、可愛いミツバチと思って近付いたら全然違う憎いコンチクショウはハエだったんですね…!
あんまり大きいのでてっきりアブだと思っていました。

待ち伏せとは中々非效率そうな手段の癖に、意外とどこでも見かけるのは驚きです。
どうしてそんな繁殖方法選んだんでしょうねぇ、先祖は生き物の死骸があんまり見附からなかったのかな…。
そうそう、ハエと言うにはあまりにゴツいコンチキショウ。
ハチに擬態してる?と思いきやそこまででもない感じな完成度がなかなか素敵。

寄生する、と言うライフスタイルを選びながら、宿主は自分で探しなさいと言う、こんなスタイルもあったのですね。
ハエはまだまだ研究が進んでいない部分が多い昆虫のようで、身近にいながらもロマンが溢れてマスね。
ハエはトキメキますなぁ(*^.^*)
特に外に居るオーガニックなやつは良い。
刺毛の一本一本にロマンを感じる(笑)
テンション上がっちゃいますねヽ(^○^)ノ
トキメキ!!

ハエと言えばどこにでもいるうっとうしい存在でしかなかったけど、こうして写真を撮ったりしていろいろ調べてみると、ほんとに面白い。
ハエのかっこよさがにじみ出るような写真、撮りたいなぁ(^ν^)
あまりに不思議なライフスタイルと
あまりにかわいい触角で
何度も何度も見てしまいましたよぅ。

ハエは不思議がいっぱいなんデスねぇ。。
身近な存在であるだけに、普段は見落としがちなのかもしれまセン。

コケも虫も、じっくり観察してみる事が大切なんですね!
チャドクガを熱湯処分中に(マンション管理会社がなかなか動いてくれないので自力処理)、そのチャドクガ周辺をしきりにうろつくハエが何匹も居る事に気付いて、一匹捕獲して調べてみたら、此奴どうやら「ドクガヤドリバエ」なる寄生バエだったようです。

こんなものにまで寄生するニッチなヤドリバエ・・・本当、深いなぁ。
イモムシ毛虫がいるところ、それに寄生して生きている生き物も必ずいる、と言う事デスね。
しかしマンションの植え込みに毛虫が増えて、ハエも増えたら、そりゃもう虫嫌いにはたまらないでしょうなぁ(笑)
傍から見れば、虫が豊富でうらやましい住居!

あ、今年引越したんデスが、今の家にはなんとシミが頻繁に現れマス。
ちょっと楽しいデス。




カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: