カウンター


2013.05.22     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   湧水の見張り役    オオヒラタザトウムシ

オオヒラタザトウムシ [ Leiobunum japanense ]
Leiobunum japanense

オオヒラタザトウムシでありマス。
体長10mmになる大型のザトウムシで、同じく大型ザトウムシのオオナミザトウムシと比べると脚はしっかりしていて短く、名前の通り平たい身体が特徴的デス。







多湿な環境を好むものが多いザトウムシの中でも特に水分を好むらしく、湧水のある沢の流れ周辺のコケの上や、もう水に浸かっているような石の下からも発見されまシタ。
大型ながらも、平たい身体と短くしっかりした脚で、こう言った場所の石の下などにも潜む事が出来るのでしょう。

瑞々しく、こんもりと育ったゼニゴケの仲間(?)が美しい、湧水ポイントでありマス。
このような場所でオオヒラタザトウムシは生活しておりまシタ。







身体が濡れてもあまり気にしないらしく、ザトウムシながらもサワガニを彷彿とさせる暮らしぶりでありマス。
Leiobunum japanense

それにしても、この手のザトウムシとコケ・・・よく似合いマスね。







こちらは幼体デス。
Leiobunum japanense
成体に近いサイズの個体デスが、身体が若干丸みを帯びているのが分かりマス。
撮影したのが5月の始め、今頃は成体が出揃っているのではないかと思われマス。







大型ザトウムシの出現に、テンションも上がる季節の到来でありマス。
しかしながら、小型ザトウムシも追いかけたい・・・

そんな今日この頃でありマス。
スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
むむむ。かっこよいですね!

たしかに森でコケを見ていると必ずといってよいほど出会います~。
でもなかなかこんな風にかっこよく撮れないなぁ。

そうそう、ザトウムシはコケと同じく湿気を好みマス。
ムシメガネさんなら、馴染みの深い虫だと思ってまシタ。

コケの住人、ザトウムシも観察してみるとなかなか可愛らしいデスよ!




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: