カウンター


2013.01.06     カテゴリ: 虫ゼリーMAX蟲達 

   お・せ・ち・・・の残り   Gromphadorhina portentosa

[ Gromphadorhina portentosa ]
Gromphadorhina portentosa


これは見事な、数の子っ!!!







今年もすでに、一週間が過ぎようとしておりマスが、いかがお過ごしでしょか。
おせちは食べましたか?初詣は行ったでしょうか?

おせちもお雑煮も、たらふく食べたにも関わらず、いまだ初詣には行っていないクマGでございマス。







さてさて、写真の数の子の正体は・・・

Gromphadorhina portentosa


最近何かと話題で、すっかり有名になって来たと思われる「マダゴキ」こと、マダガスカルゴキブリの見事なまでの卵鞘でありマス。

これはなんだか、とてもめでたい!!


ゴキブリには大きく分けて卵生と卵胎生の種がおり(胎生の種もおりマス)、お馴染みのクロゴキブリやヤマトゴキブリ、チャバネゴキブリなどは卵を産む卵生のゴキブリで、台所の隅などで見つかる小豆のような形状の卵鞘、いわゆるゴキブリの卵は、丈夫な殻の中に20~30個の卵が入っているのデス。

それに対し卵胎生のゴキブリは、このマダゴキにように卵鞘を体外に出した後、また引っ込めマス。
卵鞘は♀体内の哺育嚢に収納され、1ヶ月ほどで孵化した1齡幼虫が出て来るのデス。










コチラが孵化したばかりの幼虫と♀。

今度はそう、まさに黒豆でございマス。
甘さは、控え目(笑)

Gromphadorhina portentosa

卵生のチャバネゴキブリなどは、卵鞘をお尻に付けたまま孵化の直前まで過ごしマス。
卵は孵化までの間、母体から水分の供給を受けているのデス。

定説では、そのような卵を保持する特性をさらに進化させて、卵胎生、胎生のゴキブリが発生したと言われておりマス。







かわいいデスね(^ω^)

Gromphadorhina portentosa


・・・お正月気分だったつもりは全然無いのデスが、お正月的日記になってしまいまシタ。
早めに初詣、行きたいと思いマス(笑)




スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
体と卵、幼虫全貌・・・見ました。・・・ゴキブリも昆虫ですか?違いましたっけ?・・・ありのままを見た気がします。v-12クリーム色だったら・・・かわいい( ^▽^)のに~♪


お正月気分満喫させてもらいました(笑)
コドモ達も既にちゃんとオトナのカタチを成しているのですね。
まるで飴細工のようなウツクシイ母の姿にオドロキです(^ω^)
見ちゃいましたね?(笑)

ゴキブリも立派な昆虫ですよ。むしろ昆虫界のベテラン。
ゴキブリと言うと、どうしても害虫のイメージが強いデスが、実際はほとんどの種が森で生活していマス。
このマダゴキなんかも、動きは遅いし、まるでカブトムシのようデス。

そうそう、不完全変態のゴキブリは、幼虫もすでにゴキブリ型。
そのあたりも、甲虫などと違うポイントですね。

シックな木目調とも言えるこのマダゴキですが、実はいくつもの亜種があって、真っ黒で重厚なヤツから、縞模様がキレイに出るヤツまでいろいろいるんデスよ(^O^)
今年もにょろっと行きましょうヽ(^○^)ノ

マダゴキ…と言えば私が新しく買った図鑑、
WONDA昆虫 にはゴキブリも結構載っていて、

マダゴキ違いのマダラゴキブリ君が載っていたり

オオゴキブリが載っていたりします!

なかなか見所満載で楽しいです(*^.^*)
返事遅れましたっ!

にょろっとね(・∀・)
昨年はハンドブック系ばっかりに手を出していたから、今年はハードカバーのデカイ図鑑が気になるね。
本屋にチェックしに行かなければ。

子供も見れる図鑑って、見やすくていいよね。

今年もどうぞよろシクっ!
いきもにあに先週行って来ました!
もう驚きの作品の数々に圧倒されまくっていました〜。
そしてふれあい昆虫館さんコーナーでこのゴキさんがゲストで来られていたのですが、初めてゴキさんに手に乗っていただくことに!
人慣れしているというか、手の上で脚の掃除をしたりしていて不思議と和みました(^-^)
madokaさん

おおおっ!
いきもにあ行かれたのですね!?いいなぁ、うらやましいです・・・!
マダゴキはゴキと言う名前以外は、ゴキブリらしさはあまり見当たりませんよね。
手に乗せると、逃げるどころか指にしっかりしがみついてきて、かわいいヤツらですね(笑)

こんどは飼育にチャレンジしてみたらどうですか・・・??
おもしろいですよ~(^^)
飼育について興味が湧いたので調べてみると、結構飼われている方いらっしゃるんですね!
飼ってみると愛着湧きまくりになっているかも?!
でも個体数が増えるので、几帳面にみんなを見てあげられる人でないといけないような気がしましたー。
madokaさん

おおっ!?
これはかなり興味津々じゃないですか~(笑)
マダゴキは昆虫の中でも飼育しやすいと思います・・・見た目も甲虫っぽいですし、大人しい(数頭で飼っていると、たまに♂同士が喧嘩する音が夜中にします)、臭くない、場所を取らない、と、悪い所は見当たりません(笑)
確かに個体数が増えてくるとなかなか大変ですが、面白いですよ。
ペットショップはもちろん、ヤ○オクなんかにもよく出品されてたりしますのでチェックしてみてくださいな(^G^)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: