カウンター


2012.11.26     カテゴリ: 昆虫虫のいる風景 

   小さい秋、みつけよう  

ヒメバチの一種


秋深し。
虫達の姿を探すものの、なかなか見つける事が難しくなって参りまシタ。
紅葉に染まりつつある木々の間を、小さきものに目を凝らしつつ歩く。

夏には見過ごしていたような、微細な虫にもアンテナが反応しマス。
午前中の貴重な陽ざしに、葉陰で翅を休める小さなヒメバチの姿が。












ふと、虫の気配に目を向けると・・・
514.jpg




































クモに捕食された末の残骸か、枝にぶら下がったトンボの翅でシタ。







夏に見ても何とも感じなかったであろうトンボの亡骸も、この季節に見るとなんとも寂しく、趣でありマス。

紅葉で賑わうも良し。
しっとりと味わうのも、また良し。









スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
1枚目、クマGさんの写真には珍しいオーバー気味の明るい写真ですが、やはり晩秋の光の儚さがありますね。

特に何が写っているワケでもない逆光気味の背景ですが、光りと言うか、色合いが、ちゃっかり「秋」してるのがポイントです(笑)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: