カウンター


2012.03.15     カテゴリ: 昆虫カゲロウ 

   春を告げる、妖精

暖かな日射しが春の訪れを実感させてくれた本日。
しかしながら、飛び回る虫の姿はまだまだわずかデス。

そんな日射しの中を、フワフワと舞う虫の姿が。
シロハラコカゲロウでありマス。





シロハラコカゲロウ [Baetis thermicus ]
シロハラコカゲロウ


小さいながらも、その透き通った体はまるでガラス細工かのような繊細でございマス。

そして最大の特徴はこの大きな複眼デスネ。
頭部のほとんどを占めるこの真っ赤な独特形状の複眼は、♂だけの特徴でもありマス。

繊細なのは見た目だけにとどまらず、成虫になると何も食べず、種類によっては数時間、長くても2~3日で死んでしまうモノもいる事から、儚い生命の象徴として古くから知られて来た昆虫デス。

さらにカゲロウと言えば、翅を持った最初の昆虫であり、太古の地球ロマンを感じずにはいられない、原始昆虫としても魅力的な存在デス。








・・・こうした、春を告げる小さな虫との出会いは、嬉しさもひとしおでありマス。


花粉のムズムズも忘れさせてくれるひと時でした☆


スポンサーサイト








トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: