カウンター


 全1ページ

2017.02.25     カテゴリ:  多足類 

   小さくても・・・肉食系!



石の裏にて。
小さいながらも、淡いオレンジの身体が美しいこのムカデ・・・ジムカデ科の仲間でしょうか。
普段、石の裏でムカデを発見する事はよくあるのですが、彼等は逃げ足がとても速く、日の光を浴びた瞬間に走り始めてしまう為に、なかなかカメラで追いきれないので、端からスルーしてしまう事が多いのですが、この時は偶然にもムカデの目の前に獲物が現れたのでした。


ムカデに狙われたのはコチラのイモムシであります。
ハエ目の幼虫でしょうか・・・半透明な身体、この倍率では顔らしきモノすら確認できません。


8480.jpg





ガブリとイモムシに喰らいつくムカデ。

8483.jpg




イモムシの身体にブスリとムカデの牙が突き刺さっているのが見えます。

8485.jpg




迫力の捕食シーン!!
・・・と、まではいきませんが、小さいながらも、なかなか魅せてくれます。

8486.jpg




銜えていたイモムシを放し、何故かその場を立ち去るムカデ。

8487.jpg




残されたイモムシは、無残にも身体が折れ曲がり、すでに生きているのかも不明であります。

8490.jpg







その場を立ち去る・・・と思いきや、再びイモムシの元へ向き直り、ガブリと喰らいつきました。

8488.jpg

無抵抗なイモムシでしたが、ムカデは噛みついては離れ、また噛みついては離れと言った動きを何度も繰り返しておりました。
これはムカデの戦術?なのでしょうか・・・





8489.jpg

透き通る身体が美しいムカデ。
全体が写った写真が撮れなかったのですが、ツチジムカデ属(Geophilus )でしょうか。





ムカデのアタックはまだまだ続いたのでした・・・

8491.jpg

スポンサーサイト

2017.02.21     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   ヨロイダニ科の一種



石をひっくり返すと、たくさん現れるのがアヤトビムシ科の一種と思われる、このトビムシであります。(写真左側)
この日も、どの石の下もアヤトビムシばかりなので、なかなか改めてコイツの写真を撮ろうと言う気分にはならないのですが・・・
写真右側には、オレンジ色をしたヨロイダニ科の一種と思われるダニの姿も見えます。
このダニも、石裏ではよく見かける(見つけやすい)ダニであります。
石裏の常連メンバーですね。






石を持ち上げた時にどこかに挟まったのか、ぐったりと横たわる瀕死のアヤトビムシに、同じ石裏をうろついていたヨロイダニの一種が気づいて近寄って来ました。

8467.jpg

第1脚でツンツン・・・慎重にアヤトビムシを確認です。
「いいモノみつけたっ!」




これは大きな獲物発見・・・!
早速、アヤトビムシの脚に喰らいついたヨロイダニであります。

8469.jpg

この時まだアヤトビムシは生きておりましたが、もう抵抗する元気はほとんど残っていなかったようです。
まさに虫の息・・・


8470.jpg

自分よりも大きなアヤトビムシを引きずりまわします。
なす術無し、さるがままのアヤトビムシであります。




8472.jpg






そしてなんと!

8473.jpg

大きなアヤトビムシを高々と持ち上げてしまったヨロイダニ・・・パワフルであります!
しかし、おちょぼ口(と言う表現で合っているのか・・?)のヨロイダニですから、やはりこの獲物はあまりにも大きすぎのようですね。




2017.02.19     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   木漏れ日にふわり舞い降りた、白い天使


8474.jpg


久々のフィールドはすっかり春爛漫の陽気だったこの日、一歩藪に踏み込むと、木漏れ日に暖められた林内のそこかしこから小さなハエ目らしき羽虫が飛び交いました。
気にはなったのですが、先ずは地面の虫から・・・と、這いつくばっていると、目の前の落ち葉にその中の一匹がふわりと舞い降りたのでした。





ひょっこりと顔を出し、落ち葉の上をちょこまかと歩き回のはチョウバエの一種。

8475.jpg

丁寧に一節づつ毛で覆われいる特徴的な触角と、ハエ目らしく意外に大きな複眼であります。
・・・しかしながら、もふもふのガにしか見えませんね、この面構え。





8477.jpg

どこにでもいるチョウバエですが、これまた同定が難しいのであります。
と、言う事でとりあえず「チョウバエ科の一種」、でございます。

しかし拡大してみると、とても美しい昆虫のひとつですね。



8478.jpg


これだけ暖かいと、いよいよ花粉の気配を感じずにはいられません。
この日はギリギリ大丈夫だったのですが・・・花粉を気にせずフィールドに行けるのは、しばらく先になりそうです。


2017.02.17     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   2017・初ザトウムシ

ゴホンヤリザトウムシ Systenocentrus japonicus


2月もいつの間にやら折り返してしまいました・・・
2017年のロケットスタートに全く着いて行けていないクマGでありますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。


そんな中、今日は久々にフィールドに向かう事が出来たので、2017年の初ザトウムシを見たいと思い、去年ニホンアカザトウムシがザクザク出て来たポイントに向かう事にしました。
山に到着すると、まだ2月とは思えぬほどに麗らかな小春日和、寒がりのクマGもインナーに着込んだダウンが暑い!・・・しかしながらここ最近の晴天続きで、林内もポイントのガレ場も、乾燥してカサカサ状態でありました。
これはザトウムシ以前に、生き物探しにはちと不安であります。
・・・とは言え、去年はどの石をひっくり返してもニホンアカザトウムシが出て来た程に密度の高いポイント、すぐにその姿を見せてくれるだろうと思ったのですが・・・


いない。

・・・全くいない!!








どうした事でありましょうか。
しばらく他の生き物を見つけながら、ガレ場の石をひっくり返していると・・・ようやく出て来たのはこのザトウムシでした。


8460.jpg


2017年の初ザトウムシとなりました。
背中に5本のトゲを持つパンキッシュなザトウムシ、ゴホンヤリザトウムシであります。



8462.jpg


このトゲ(ヤリ?)の並び、いつも真横からのカットを撮りたくなるので、似たような写真ばかりになりますが・・・
やはり何度見てもカッコいいザトウムシであります。



8463.jpg


晩秋まで灌木の葉上などで見られる、このゴホンヤリザトウムシ。
成体で越冬し、春に繁殖期を迎えるのでしょうか。
「未定」には何度も登場しておりますが、初夏の頃には、葉上に幼体の姿も確認しております。





8464.jpg


石裏に貼りつくゴホンヤリザトウムシ。(写真中央)
暖かい時期でも、葉上でそれほど活発に動き回るザトウムシではありません。
無論、この時期はピクリとも動かずに撮影に付きあってくれる、とても良いモデルであります。
トゲトゲしい見た目とは裏腹に、温厚なザトウムシなのです。
温厚過ぎて、ぱっと見かなり地味な程ですね(笑)・・・これでもう少し大きかったら、もっと人気者になっていたに違いないと、いつも思うのです。
まぁ、そんな一見地味なところも、ザトウムシ達・共通の魅力ではあるのですが。









ところで、ニホンアカザトウムシ達は一体どこに行ってしまったのでしょうか・・・

8465.jpg


この日の見れたのは、空っぽになったニホンアカザトウムシの亡き骸2つのみでした。

2017.02.07     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   つるつる

ジュズダニと言えば、こちらも去年撮影のものですが・・・

2009_2016022623461501c.jpg

この日は土壌に生息する、ある極小ザトウムシを探して、いつものポイントで石をひっくり返しては、手にとってじっくり眺めていたのでした・・・
すると、何やら見慣れない黒い虫の姿が。
ダニか・・・?・・いや?・・・まさか!?・・・いややっぱりダニだよな?・・・いやもしかして!?

肉眼ではいくらじっくり見てもイマイチ確信が持てなかったその生き物、もしやコレが探していたザトウムシではないかと、早速カメラで拡大撮影して、モニターでその姿を見たのですが・・・思わず笑ってしまいました。




ぴかぴかの、ツルっぱげ状態のジュズダニでした。
2008_20160226234613039.jpg

土壌でよく見るジュズダニと言えば、身体じゅうにゴミやら地衣類の粉なんがをくっつけており、その素顔がどうなっているのかが見える事はあまり無いのですが・・・まさかこんなにツルツルだったとは。
周囲にピョコピョコと生えた毛が、よりいっそうハゲ頭感を醸し出しております。
通常ならきっと、この毛に色々な物を引っかけて背負うのでしょうが・・・

とりあえずこのツルツルのジュズダニを見て、一気に脱力してしまったクマGでした(笑)
今考えると、雨上がりで通常より水気が多かったこの日、雨水で身ぐるみを剥がされてしまった直後だったのかもしれません。
ツヤツヤしていたのはジュズダニの身体が湿っていたせいでしようか?
今となっては真実は不明ですが・・・ほんといつ見ても面白いダニであります。

そう言えばこの時探していた極小ザトウムシも、未だに見れておりません。
今年こそは・・・!




2016年4月撮影。

2017.02.04     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   緑じゃないけど・・・ミドリハシリダニ  Penthaleus sp.

11月撮影より。



小さなお饅頭を連想させる粘菌ケホコリの一種が一面を覆う中を、ウロチョロと落ち着きなく歩き回る一匹のダニ。

時折立ち止まり、ケホコリの子実体に口吻を突き立てているように見えたのですが・・・
食べていたのでしょうか?
3114.jpg


よく見かけるこのダニ。
ツヤっとした黒い身体に、鮮やかな赤い脚のツートンカラーが特長的、体長は1mmあるか無いかと言うトコロでありますが、動きも活発でよく目立ちます。
わざわざ山まで行かなくても、どこでもよく見る事ができるこのダニは、特徴からミドリハシリダニの一種と思われます。

・・・
ミドリハシリダニ科はムギダニとハクサイダニの2種がおり、冬季に活動する農業害虫としてもその名を知られているようです。
ハクサイダニはその名の通り、ハクサイを始めキャベツやダイコン、ブロッコリー、レタスやネギまで、あらゆる葉物野菜に寄生するダニで、夏季は土壌で休眠卵で越夏、秋と春に特に多く発生するとの事です。

種まで同定するのは難易度が高そうなので、ケダニ亜目ミドリハシリダニ科、Penthaleus sp.としておきましょう。





今度はコケのびっしり生えた樹皮にて。


ここには沢山のミドリハシリダニが歩き回っております。
他種の植物食であるミドリハシリダニですが、このような場所では、やはりコケを食べているのでしょうか。


8411.jpg
そんな中、背中に滴を背負った個体がチラホラ。



8412.jpg

キレイな滴を背中に乗せて、なんと可愛らしい姿なのでしょう・・・!
以前撮影した赤いナミケダニを思わせるシーンであります。→コチラ






・・・が、しかし。

8414.jpg

このミドリハシリダニの最大の(?)特徴は、「背中に肛門がある」事なのであります。
なぜそうなったのかは不明でありますが、ホント、面白い進化を遂げたものであります。


・・・と、言う事で背中の滴の玉は、おそらくこのミドリハシリダニの排泄物だと思われます(笑)
8415.jpg



別の個体です。
背中の中央後ろに見える点が、肛門と思われます。
3117.jpg





そんなミドリハシリダニをカメラで追いかけていると・・・後ろに白い影が!
8417.jpg

思わぬトコロでジュズダニの登場であります。


8418.jpg

コケの間をモソモソと歩くジュズダニは、やはりあっという間に置いてきぼりでした。
ダニも姿かたちのバリエーションが豊富なので、こうして異種のダニが1つの画面に収まると面白いのですが、これがなかなか上手く行かないのです。
出会いのチャンスはまさに一瞬!・・・なのであります。





最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: