カウンター


 全1ページ

2016.03.27     カテゴリ: 植物コケ 

   近所のコケに、遊んでもらいました

2076_20160321012003a31.jpg

2077_20160321012004e87.jpg

思えばまともに生き物探しに行けぬまま、気づけば3月がもうすぐ終わろうとしております・・・
この時期、見たいと思っていたモノがいろいろとあったのですが、それはもう、来年のお楽しみになってしまいそうであります。
2月に撮影した写真もまだちらほらあるのですが、せっかくなので春らしく、美しいコケの写真を。

気合いを入れて山まで行かなくても、近所のコケ達はいつでも癒してくれます。
雨上がりの駐輪場、近所のアスファルトに生きるコケ達であります。




2079_20160321012007018.jpg

ハリガネゴケでしょうか。
いつの間にか緑鮮やかな蒴をたくさん伸ばし、賑やかになっておりました。

雨の滴を纏って輝く、若い蒴の美しさ。

2085_20160321012037576.jpg







2081_201603210120320b5.jpg

こちらはスナゴケでしょうか。
雨の日などはいつも、遠目からでもわかる鮮やかな色で楽しませてくれます。
いつか近くで見てみようと思っていました。





2080_20160321012009e06.jpg

雨の潤いをたっぷり吸い込んだ、細胞ひとつひとつが見えそうな透き通る葉。
こんな淡い色の葉が幾重にも重なり、あの鮮やかな黄緑色を作り出していたのですね。





2086_2016032101210977a.jpg
薄い光りを浴びて輝く葉。

2087_20160321012110e0e.jpg

小さなオアシスであります。
小さくなって紛れ込みたい衝動にかられます。

近所でもよく探せば、まだいろいろなコケを見つける事が出来そうです。
足もとに広がる小さな世界は、まだまだ奥が深そうであります。




2088_201603210121115f5.jpg
















スポンサーサイト

2016.03.14     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   クモノイト



石の裏では比較的よく目にするこの茶色いダニ。
ナミケダニ科の一種に見えます。

2045_2016030323515955e.jpg

ちょこまかと動きまわっているようですが・・・

2046_201603032352009f3.jpg

先ほどから、このダニが登ったりくぐり抜けたりしていたモノ・・・











コレは一体・・・

2047_20160303235201d61.jpg

どうやら菌糸に覆われたクモの死骸でありますが、ただのカビなのか、それとも・・・?


2048_20160303235203a09.jpg

根を張るかのように、菌糸が石に着床しております。


2050_201603032352357d6.jpg


先日見つけたクモ生の冬虫夏草を彷彿とさせますが、いかがなものでしょうか・・・

なにはともあれ、このダニはここがお気に入りのご様子でありました。

2016.03.10     カテゴリ: クモガタ類ダニ 

   玉ア・ソ・ビ

2003_20160226234542dcf.jpg

真っ赤な舌の上に、飴玉ひとつ・・・!?












ナミケダニの一種?
2004_20160226234544326.jpg

・・・真っ赤な舌の正体はコチラでした。
おそらくナミケダニの一種かと思われます。





2002_20160226234541743.jpg

雨上がりだったこの日、びたびたに濡れた落ち葉をどけて、埋もれていた石をそっと裏返すと、よく見かける赤いダニが歩いておりました。
何気なくレンズを向けてみて、初めて滴玉を背中に乗せている事に気づいたのです。
滴がキレイな球を保っており、まるで水晶玉のような輝きではありませんか!


そしてそれを背中に乗せるこのダニ、なんとも可愛らしい、愛嬌たっぷりな姿ですねえ。
2001_20160226234539464.jpg

滴玉を背中に乗せたまま、同じ場所をぐるぐる歩き回っておりました・・・器用なヤツですね。



レッツ!バランスボール♪





2016.03.09     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   春はもう来てる?

ゴホンヤリザトウムシ [ Systenocentrus japonicus ]
2067_20160306015511302.jpg

・・・こちらは冬虫夏草ではございません。
石裏でひっそり春を待つ、ゴホンヤリザトウムシであります。
暖かい時期は、ひっそりと葉裏にいます

石裏でザトウムシ探しをしますが、出てくるのは本種と、スズキダニザトウムシばかり。
まあ、両者ともかわいいザトウムシなので好きなのですが・・・

2016.03.06     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   静かに時は流れる

イトヒキミジンアリタケ [ Cordyceps sp. ]
2035_20160227000136ae1.jpg

イトヒキミジンアリタケと思われる、アリの冬虫夏草。
湿度の高く保たれた沢沿いなどで、樹木に着床しているのをよく見かけていたイトヒキミジンアリタケですが、石起こしをしていると、石の裏にもしばしば現れます。







ひっくり返してよく見てみます。
1949_20160219003637bca.jpg
頭部からストローマが2本出ていますが、子嚢果は確認出来ません。
硬く冷たい石に、噛みついているのかどうかはよく見えませんが、脚をめいっぱい広げてガッチリとしがみついております。

1947_20160219003610501.jpg
この表情・・・
石の裏で秘かに繰り広げられている、虫と菌類の攻防であります。


カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: