カウンター


 全1ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.03.26     カテゴリ: 昆虫 

   この透け具合、かなりの拘りを感じずにはいられまセン



ドクガ科のマユでしょうか?
たまに見かけるマユなのデスが、正体は不明。
おそらく毛虫であった頃の体毛がキレイに編まれ、見る度によく出来てるなぁと感心するのデス。
マユ全体の大きさは約10mmほど。



しかし、なぜにこんな網戸状態のスケスケ繭なのでしょうか・・・?(笑)
スポンサーサイト

2014.03.19     カテゴリ: 昆虫カメムシ 

   指先サイズの重厚感  ウシカメムシ

ウシカメムシ [ Alcimocoris japonensis ]
Alcimocoris japonensis

美しき細かな柄の細工、醸し出す重厚な質感。


Alcimocoris japonensis


















・・・しかし、それも拡大して見なけば気づく事もないでしょう。

実際はこんなにかわいいのデス。
1646.jpg




体長は10mmに満たない小型のカメムシ、お馴染みウシカメムシでございマス。

どこにでもいそうだけど、いつもはどこにいるのかイマイチよく分からない・・・そんなヤツなだけに、出会いはいつも偶然デスが、嬉しくなってしまいマス。
植物の汁をエサとしており、特にアセビなどを好むとの事。


暖かくなり、ひょっこり越冬から目覚めたのでしょう。
そんなウシカメムシと、しばし遊んでもらったクマGでシタ。

2014.03.14     カテゴリ: 昆虫 

   今日はホワイトデー、みなさんいかがお過ごしでしょうか?   シロトゲエダシャク

・・・と言う事で、本日はホワイトにちなんで白いフユシャクをご紹介いたしマス。


シロトゲエダシャク [ Phigalia verecundaria ]
Phigalia verecundaria


エダシャク亜科のフユシャク、シロトゲエダシャク。

その名の通り、白さが際立つフユシャクでありマス。(もっと黒っぽい個体もいるようデスが・・)
開帳は37mmほど、それほど大きなガではありまセンが、このように止まる場所によっては割と目立つ色合いで、フユシャクらしからぬ存在感でありマス。






Phigalia verecundaria本来、白の意味するところの「純粋さ」よりも、どことなく「如何わしさ」が醸し出される、怪しきガの白さは美しく、とても魅力的なのでありマス。






3月も半ばを迎え、またまたフユシャクの登場でありマスが、3月・4月まで現れるフユシャクの仲間も数種おり、このシロトゲエダシャクもそのひとつなのデス。
「シロトゲエダシャク」、よく読んでみると名前に「フユ」が入っていまセンね。


広食性で普通種・・・と言う事デスが、今回♂は初めての観察となりまシタ。

Phigalia verecundaria











去年は3月にシロトゲエダシャクの♀を観察しておりマス。→記事
♀も白を基調とした美しい体色をしており、申し訳程度の小さな翅が特徴的でありマス。
Phigalia verecundaria緑色に見えるのは、鱗粉の着いていない地肌の部分デス。
体長は10mmを超えて、ぷっくりとボリューム感たっぷりのシロトゲエダシャクの♀でシタ。






2014.03.13     カテゴリ: クモガタ類クモ 

   梅も咲いたりしておりマスが・・!

コアシダカグモ [ Sinopoda forcipata ]
Sinopoda forcipata

地面はまだカサカサに乾燥しておりマスが、石の下はしっとりと潤っておりまシタ。

そんな石の下で、間もなくこの冬をやり過ごす事が出来るであろうコアシダカグモに、びっしり付いた雫の玉を撮影していたら、いつの間にやら新たに雫が増えいる事に気づきまシタ。



ハッとして顔を上げると、予報通りの雨がパラパラと降り出していたようデス。
・・・という事で、早々と撤収を余儀なくされたクマGでございマス。

そして午後はさしずめ春の嵐と言ったようなお天気に。













春の潤いを運ぶ雨は歓迎したいところデスが、せっかくの休日に嵐と言うのは、なかなか凹みマスね(笑)
3月は見たい生き物が色々なのデスが、はたして実現できるでしょうか・・・
Sinopoda forcipata

2014.03.02     カテゴリ: 昆虫 

   ヒロバフユエダシャク  Larerannis miracula

3月になりまシタ。


・・・が、2月の最後に見たフユシャクでございマス。
春らしい更新は、まだお預けになりそうデス(笑)

ヒロバフユエダシャク♂ [ Larerannis miracula ]
Larerannis miracula


エダシャク亜科のフユシャク、ヒロバフユエダシャク。

撮影しようとカメラを近づけると、ヒラヒラと舞い上がり、近くの地面に着地しまシタ。
うっそうとして日当たりが悪い場所だけに、まだ少し雪が残っておりまシタ。




コチラは昼間に違う場所で見つけたヒロバフユエダシャクの♀。
Larerannis miracula


体長は8mmほど、茶色でとても地味な印象でありマス。
やや長めの後翅が特徴でしょうか。→後翅に見えマスが、前翅なのだそうデス!・・・ご指摘ありがとうございマス。
Larerannis miracula

去年も2月の最後にこのヒロバフユエダシャクを撮影しておりマス。
シーズン終盤のフユシャクでありマス。




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。