カウンター


 全1ページ
このページのリスト
2012.08.30  
カテゴリ:《 トンボ 》
  昔しも今も、大物!  オニヤンマ
2012.08.29  
カテゴリ:《 甲虫 》
  8月も、あとわずかデスが・・
2012.08.28  
  この熱い陽射しも、愛おしい
2012.08.26  
カテゴリ:《 イモムシ 》
  白いヒグラシ  セミヤドリガ
2012.08.25  
カテゴリ:《 チョウ 》
  アカボシゴマダラ
2012.08.24  
カテゴリ:《 トンボ 》
  残暑見舞い申し上げマス
2012.08.23  
カテゴリ:《 菌類 》
  ボーベリアがそろそろ旬でありマス。
2012.08.22  
カテゴリ:《 カマキリ 》
  カマキリの姫   ヒメカマキリ
2012.08.16  
カテゴリ:《 爬虫類 》
  赤・青   ニホントカゲ、ヤマカガシ
2012.08.15  
カテゴリ:《 イモムシ 》
  夏の虫より夏は蕎麦  アケビコノハ 
2012.08.13  
  森の番人・・  ザトウムシ
2012.08.12  
  上品にメタリック   ミドリバエ
2012.08.10  
  立ち話し・・・
2012.08.09  
カテゴリ:《 カメムシ 》
  またしても、カメムシのなる・・・
2012.08.08  
カテゴリ:《 カメムシ 》
  カメムシのなる樹   キバラヘリカメムシ
2012.08.06  
  ザトウムシの憂鬱
2012.08.02  
カテゴリ:《 カマキリ 》
  キメ顔っ!  オオカマキリ
2012.08.01  
  意外なコウガイ・・  ザトウムシとコウガイビル

2012.08.30     カテゴリ: 昆虫トンボ 

   昔しも今も、大物!  オニヤンマ

オニヤンマ [ Anotogaster sieboldii ]
238.jpg

森の入口、薄暗く小さな沢で、豪快に羽音を鳴らし産卵する、オニヤンマの♀でありマス。




カブトムシに続き、オニヤンマもまた「日本の夏」を感じさせる昆虫の一つデスね。


・・・とは言え、連日暑い日ばかりが続き、森はすっかり乾き気味・干上がってしまった沢もいくつかある中で、この流れもだいぶ細くなってはいたものの、こうして産卵を行うオニヤンマの姿を見る事が出来まシタ。


オニヤンマ 産卵







Anotogaster sieboldii








縄張りを繰り返し旋回する、♂の姿もありまシタ。

遠くからでもよくわかる、大きな影を必死に追いかけた、子供の頃のトキメキを思い出させてくれる、日本最大のトンボ・オニヤンマでありマス。

240.jpg


虫捕り網をカメラに持ち替えて、久々の真剣勝負でシタ!(^虫^)

スポンサーサイト

2012.08.29     カテゴリ: 昆虫甲虫 

   8月も、あとわずかデスが・・

カブトムシ [ Trypoxylus dichotoma septentrionalis ]





なんだかんだ言っても、「日本の夏」と言えばスイカと、この昆虫なのかもしれまセン。


・・すっかり忘れてまシタ(笑)










ふだんは特にカブトムシを探して歩いたりはしないのデスが、この日は♂♀数匹を見る事が出来まシタ。



樹液を出しているクヌギの幹には、明らかに人間によって傷を付けられた跡が多数あり、最近の子供達の中にも、まだまだカブトムシ捕りと言う遊びがあるんだなと、実感した夏の午後でありマス。(まぁ、樹にはだいぶ良くないデスが・・)



お決まりのアングルから狙えば、しっかりキメ顔をしてくれる、サービス精神も健在でありマス。


233.jpg






2012.08.28     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   この熱い陽射しも、愛おしい

シオヤアブ [ Promachus yesonicus ]



一人佇む、シオヤアブの渋い魅力・・














・・八月も、あとわずかデスね。

230.jpg





2012.08.26     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   白いヒグラシ  セミヤドリガ

この時期、薄暗い森の中、やたら白くて目立つセミをよく目にするようになりマス。
飛び方もどこかフラフラしていて、なお目立つそのセミ・・・


ヒグラシに寄生しているセミヤドリガの幼虫



セミヤドリガの幼虫を腹部に付けた、ヒグラシの♀でありマス。



セミヤドリガとは、ヒグラシやツクツクボウシといったセミ(主に♀の個体)に取り付き、体液を吸って成長すると言う、変わった習性を持つガで、成長した幼虫は身体からロウ物質を分泌し、このように真っ白でよく目立つのデス。






見えるだけでも4匹の幼虫を付けたこのヒグラシ、実に重そうなうえに、翅も上手く閉じられなくなっておりマス。


セミヤドリガ 幼虫[ Epipomponia nawai ]
228.jpg

なんとも不思議な寄生でありマス。
下の大きな幼虫はすでに終齢と思われ、このあとセミの身体を離れ、地上で繭を作り羽化を待つのでありマス。




これだけ沢山のセミヤドリガの幼虫に取り付かれたヒグラシも、コレが原因で死ぬ事はなく、この後も普通に生活をすると言いマス。
生きたセミの身体が舞台とあって、いまだ謎も多いこのセミヤドリガ・・・



彼等にとってセミはさしずめ、育ての親と言ったトコロでしょうか・・・(^^ゞ

2012.08.25     カテゴリ: 昆虫チョウ 

   アカボシゴマダラ

アカボシゴマダラ [ Hestina assimilis assimilis ]


アカボシゴマダラです。
近年、何らかの形で中国から持ち込まれ、関東界隈で分布を広げている帰化種でありマス。

・・チョウと言えば色とりどりの花の周りを華麗に舞う姿もよいデスが、薄暗い森の中、ひっそりと佇み木漏れ日のスポットライトを浴びる姿も、また印象的でありマス。

2012.08.24     カテゴリ: 昆虫トンボ 

   残暑見舞い申し上げマス

ハグロトンボ [ Calopteryx atrata ]


当ブログをご覧頂き、ありがとうございマス。

暑い日が続いておりマスが、いかがお過ごしでしょうか・・
虫シーズンもいよいよ折り返し、これからもどうぞよろシクお願いいたしマス(^虫^)

2012.08.23     カテゴリ:  菌類 

   ボーベリアがそろそろ旬でありマス。



ボーベリアの一種と思われる虫カビに醸された、キンバエです。
鮮やかなミズヒキとのコントラストが美しく、つい見入ってしまいまシタ。











223.jpg

2012.08.22     カテゴリ: 昆虫カマキリ 

   カマキリの姫   ヒメカマキリ

ヒメカマキリ幼虫 [ Acromantis japonica ]


ヒメカマキリの幼虫デス。

「ヒメ」の名の通り成虫になっても30mm前後と言う、小型のカマキリでありマス。
大きさも色合いも地味なヒメカマキリですが、分類的にはハナカマキリ科に属する仲間であり、ハナカマキリとはそう、あの有名な花にソックリに擬態している美しいカマキリでございマス。

さらにその動きは、カマキリと言うよりはゴキブリ的で非常に素早く、モリチャバネなどを彷彿とさせる、原始的な魅力を持ったカマキリなのでありマス。



見分けるポイントは、この縞模様に入った複眼デス。

220.jpg












ちなみにコチラが去年の秋に撮影した成虫でありマス。
コカマキリなどより一回り小型で、なんとも可愛らしい(´∀`*)

221.jpg



今年も、間もなく成虫が現れる季節になりマスね・・・

2012.08.16     カテゴリ:  爬虫類 

   赤・青   ニホントカゲ、ヤマカガシ



ニホントカゲ [ Plestiodon japnicus ]


〝眩しく煌めく青〟










ヤマカガシ [ Rhabdophis tigrinus ]
218.jpg

〝静かに潜む赤〟







2012.08.15     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   夏の虫より夏は蕎麦  アケビコノハ 

アケビコノハ幼虫 [ Eudocima tyrannus ]
212.jpg
大きく育ってマス。
お馴染みアケビコノハの幼虫でありマス。

213B.jpg
一度見たら忘れられない、このデザイン、素敵デスね。











ところで、夏の虫と言えば忘れてはならないのが、コレ系デスの虫デスよね?


ミヤマクワガタ [ Lucanus maculifemoratus maculifemoratus ]
215.jpg



普段は探さないので特別、ポイントに行ったりしたワケでは無いのですが、手にとってよく見てみるとなんだかボロボロの♂でありマス。
・・たしか去年も唯一見つけたミヤマクワガタが、全身白いカビだらけだったのを思い出しまシタ。











・・と、言う事で夏と言えば正しくはこっち系!


216.jpg



裏高尾の隠れた名店・「杜々」にて。
自家製の香り高い手打ちの蕎麦を、おろしとかつをでさっぱりといただく、絶品・田舎おろし蕎麦・・・

蕎麦好きにはたまらない、贅沢なひと時でありマス(*°∀°)=3





2012.08.13     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   森の番人・・  ザトウムシ

オオナガザトウムシ [ Melanopa grandis ]
オオナガザトウムシ

ザトウムシ・・
なんとも魅力的な生き物デス・・

211.jpg

どこでも会えるのに、謎多き生き物・・!

2012.08.12     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   上品にメタリック   ミドリバエ

ミドリバエ [ Isomyia senomera ]


キンバエと言えば、死肉や糞に集まるギラついたメタリックグリーンのハエでお馴染みデスが、山を歩いているとしばしばこの黄緑色のハエに出会いマス。

その名も「ミドリバエ」、キンバエよりも控え目でマッドなメタル具合が上品な、美しいハエでありマス。
体長は9mmほど、エサは花の蜜などだそうデス。












コチラはおまけデス。
メタリックグリーンと言えば・・・

アカスジキンカメムシ [ Poecilocoris lewisi ]
209.jpg

メタリックもいろいろ、という訳デス。。。

2012.08.10     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   立ち話し・・・

キンバエとカゲロウの一種


なんだか会話が聞こえてきそうなワンシーンでありマス(^ム^)

2012.08.09     カテゴリ: 昆虫カメムシ 

   またしても、カメムシのなる・・・

    クサギカメムシの幼虫 [ Halyomorpha halys ]






カメムシの群れと言えば、ポツンと小さな葉の上に集まった、可愛らしいカメムシ幼虫の群れを発見しまシタ。
















しかし近づいてよく見てみると、なかなかゴツいデザインのカメムシでありマス。
種類は不明デスが、カッコ可愛いヤツらでございマス。
→クサギカメムシの幼虫でした!
204.jpg

うーん、、「カメムシのなる草」・・・(´ε`;)

2012.08.08     カテゴリ: 昆虫カメムシ 

   カメムシのなる樹   キバラヘリカメムシ

キバラヘリカメムシ幼虫 [ Plinachtus bicoloripes ]


道沿いの大きなマユミの樹に、やたら目立つ虫の大群が・・・

続きを読む »

2012.08.06     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   ザトウムシの憂鬱

ザトウムシの一種






ヌカカと言えば、ザトウムシの写真を撮っていたトコロ・・・


相変わらず詳しい種類は不明デスが、なかなかカッコいいザトウムシでありマス。

・・と、言う事で早速撮影デス。









帰宅後、パソコンのモニターで確認してみてビックリでありマス。
ほぼ全ての脚にこのヌカカの一種がとまり、ザトウムシの体液を吸っておりマス。

中にはザトウムシの体液で腹部がパンパンになっているモノも・・・!
195.jpg

ご覧の通り・・・
哀れ、吸われるがままのザトウムシ
196.jpg

ちょっとしたBarのようでもありマス・・・


赤いダニを着けたザトウムシはよく見かけマスが、こんなに沢山のヌカカにたかられていたとは・・・
ザトウムシの体液って、そんなに美味しいのでしょうかネぇ(笑)


コンパクトbodyのザトウムシ、体液が全部吸われてしまわないか、心配でありマス(@_@;)

2012.08.02     カテゴリ: 昆虫カマキリ 

   キメ顔っ!  オオカマキリ

オオカマキリ [ Tenodera aridifolia ]






お馴染み、オオカマキリの幼虫デス。

食べているのはおそらくオオムラサキの幼虫かと思われマスが、ジューシーなイモムシ汁が滴っておりマス・・・










カメラを向けると、食事をしながらもコチラに向かってこのキメ顔!
・・・流石でありマス。

193.jpg


ついついもう一枚、撮ってしまいたくなるムシですね(笑)

しかしながら拡大してよく見てみると、鋭い眼光のカマキリの複眼に小さなヌカカの一種がとまり、おそらく体液を吸っているのかと思われマス。

天下のオオカマキリも、小さなヌカカに美味しいトコロを持って行かれてしまったと言うワケですねぇ(;´∀`)

2012.08.01     カテゴリ: クモガタ類ザトウムシ 

   意外なコウガイ・・  ザトウムシとコウガイビル

ある日の朝、見慣れぬ光景に遭遇いたしまシタ・・・

コウガイビルに捕食されている、ザトウムシでありマス。



一見華奢なその見た目とは裏腹に、小型のクモなども捕えて食べる生粋の肉食系・ザトウムシ
動きも速く、敏感な触角がわりでもある長い脚を持つザトウムシのbodyに、一体どうやって絡みついたのかは全く謎でありマスが、コウガイビルに完全に動きを封じられ、のたうちまわるものの徐々に動きが少なくなるザトウムシでありマス。


一方コウガイビルは身体の中央あたりにある口器をあてがい、すでにザトウムシを「食べ」にかかっている模様・・・

187.jpg




騒ぎを聞きつけてか、クロイロコウガイビルも現れまシタ。

188.jpg

その後、ザトウムシを完食したかどうかは定かではありまセンが、音も無く忍び寄る、コウガイビルの意外な程の戦闘力の高さに、驚愕・・・

地面から湧き上がる湿気でカメラのレンズも曇る、早朝のワンシーンでございマス。






オオナミザトウムシ [ Nelima genufusca ]

189.jpg

いよいよ八月デスネ。
オオナミザトウムシの成体も現れ始め、まさに夏ど真ん中に突入でありマス。

暑さ、そして本格的な虫刺されにメゲずに虫探しに挑まねば!
・・コウガイビルのような粘り強さで・・(;´Д`A






カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: