カウンター


 全1ページ

2012.05.31     カテゴリ: 昆虫 

   墨汁で× フタスジヒトリ


白と黒とのツートンカラーが見事に和テイストにマッチしておられマス。

フタスジヒトリ 1


半紙に墨汁で書いたかのような背中の紋様、合わせて黒で染め分けられた脚と触角が、なんとも粋なデザインのヒトリガの仲間デス。

フタスジヒトリ [ Spilarctia bifasciata Butler ]
フタスジヒトリ 2
食草はクワ、ただ今発生時期到来でございマス。
スポンサーサイト

2012.05.31     カテゴリ: 昆虫 

   薮の黄色いガ タイワンキシタアツバ

この季節、薮を歩くとやたら飛び出してくる、黄色いガが気になっておりまシタ。
近づくとすぐに飛び上がり、また数メートル先の薮に止まりマス。
タイワンキシタアツバ  3

そっと近づいてみると、薮に映える黄色い後翅とは対照的に、グレーを基調としたシックなガでありマス。
タイワンキシタアツバ  2

とがった鼻先が特徴的な、タイワンキシタアツバと言うヤガの仲間デス。
「タイワン」と言っても外来種ではございまセン。
イラクサ科のヤブマオの葉を食草としており、これから夏の間は見る事が出来ると思われマス。

三角形の翅の模様が目印のハンサムboyでシタ!


タイワンキシタアツバ [ Hypena trigonalis ]
タイワンキシタアツバ  1

2012.05.30     カテゴリ:  多足類 

   ババヤスデ

今や海外産の巨大ヤスデがポピュラーになりすぎて、見慣れているハズでありマスが・・・

やはり実際に山で遭遇すると、ついつい見入ってしまいマス。
体長は50mmほどですが、なかなかの重厚感でありマス。

ババヤスデの一種 [ Parafontaria sp. ]
ババヤスデ

ババヤスデ 2
海外ヤスデのような派手さはございまセンが、渋い魅力でございマス。

2012.05.23     カテゴリ:  爬虫類 

   アオダイショウに遭遇!!・・したのは良かったんデスが・・

アオダイショウ [ Elaphe climacophora ]
アオダイショウ 2012/05/17


五月も半ばを過ぎ、やっとこさ天気の良い休日にも恵まれるようになってきた今日この頃・・・

今シーズン初のヘビに遭遇でありマス!!
見事なアオダイショウ!!


しかも小鳥で飲んできたのか、その極太bodyを妖しくテカらせながら、ケヤキの巨木の上からコチラを睨みつけているではありませんか!


この撮って下さいと言わんばかりのアオダイショウ様に夢中でシャッターを切っていると、突然カメラが「ガー!ガー!」とギアーが外れたかのような異音を放ち、制御不能になってしまったのでありマス!
裏のモニター画面にはエラー表示。

「うんともすんとも言わない」ならまだしも、スイッチを切っても、レンズを外しても、バッテリーの蓋を開けても、とにかく全ての操作を頑なに拒否するかのように「ガー!ガー!」と喚く始末・・・
こんなに壊れたカメラ見たこと無いってくらいの見事な壊れっぷりデス
(TwTlll)


思えば1~2時間ほど前からなんだかシャッター音がおかしいなぁとは思っていたものの・・・



と、言う事で惜しまれつつも撮影は強制終了と相成ったワケでありマス。






その日のうちに某カメラ店に駆け込み、現在原因調査中・・・
店員さんも「・・故障ですね・・」と苦笑いでありマス。

幸いにも保険のおかげで修理代はかからなそうデスが、3~4週間はかかるとの事。
これからいいシーズンって時に、なんたる悲劇!!


と、言う事でしばらくはストックの写真での更新になる予定デス。
皆さんもたまには愛用カメラを点検に出してあげる事をオススメいたしマス(涙)


2012.05.20     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   春の異型アブ・セダカコガシラアブ

セダカコガシラアブ [ Oligoneura nigroaenea ]
セダカコガシラアブ 2

こんもり盛り上がった背中と、ガックリ肩を落としているかのような「へ」の字に曲がった身体が独特の佇まいを醸し出している、セダカコガシラアブです。

このなんとも可愛らしい特徴的な姿は、ビロードツリアブに続く春の異型アブと言えましょう。






沢沿いの斜面に白い花を咲かせている、マルバウヅキにたくさんのセダカコガシラアブが集まっているのを見る事が出来まシタ。

マルバウツギ



とても長い口吻でマルバウヅキの蜜を味わっておりマス。
セダカコガシラアブ 3




満開のマルバウヅキの花の周りを盛んに飛び回り、そして交尾を行いマス。

セダカコガシラアブ 交尾






哀愁ただよう後姿も可愛らしい、変わった風貌のこのアブですが、幼虫はクモに寄生してクモの成長を待ちながら何年も休眠する事もあるという、習性も非常に変わったアブでありマス。

セダカコガシラアブ 4



一風変わった、春の風物詩に加えてみてはいかがでしょうか・・・(笑)

2012.05.15     カテゴリ: 昆虫トンボ 

   雅・カワトンボ

カワトンボ舞う季節がやってきまシタ・・・

ニホンカワトンボ [ Mnais costalis ]
カワトンボ 1
雅な美しさを感じずにはいられない、淡い茶色翅タイプ。


メタリックグリーンが鮮やかな、羽化して日が浅いと思われる新成虫達でありマス。
カワトンボ 2
コチラは透明翅タイプ。
ワンポイントの赤い縁紋は♂の印デス。


カワトンボ 3

縁紋が白色なのが♀でありマス。
コチラは茶色が濃厚な渋い仕上がりの♀。  →ミヤマカワトンボの♀でした。



同じ場所でも翅色の違うタイプが混在するのが興味深いトコロ・・
しかしながら、春の陽射しをキラキラ反射させて優美に舞うカワトンボの姿は、つい見入ってしまう美しさがありマス。

朝方、羽化して間もない個体が翅を伸ばしておりまシタ。

カワトンボ 4











虫の季節到来を感じさせてくれる、カワトンボ達でありマス。

カワトンボ 5

2012.05.14     カテゴリ: 昆虫甲虫 

   ヒゲブトハナムグリのヒゲ

終始、嵐のようだったGW(特に連休ではなかったんデスが…)が嘘のように穏やかで爽やかなお天気に恵まれた本日・・・

日だまりにやたら目立つ触角の見慣れぬ虫がおりマス。

ヒゲブトハナムグリ [Amphicoma pectinata ]
ヒゲブトハナムグリ


ヒゲブトハナムグリ、そのトナカイの角のような特徴的な触角もさることながら、よく見ると意外に毛深い身体つきが可愛らしい、小型のコガネムシの仲間デス。

まるで全身で五月の太陽を喜んでいるかのような光景でシタ。

2012.05.12     カテゴリ:  その他の生き物 

   無害。コウガイビル

クガビルのお食事ついでではございませんが、コチラは「KGB」の愛称でお馴染み、コウガイビルのお食事デス。
コウガイビル 捕食



・・・カタツムリと戯れているワケではございません。

なんたって彼らの口は、コウガイビルのトレードマークとも言えるあの三角の頭部には無く、身体の中央・腹面にあるのデス。
一見、弱々しい彼らですが、カタツムリやミミズ、ナメクジなどを捕食するれっきとした肉食系でありマス。

好物のカタツムリを見つけるとこのように巻きついて動きを封じ、身体中央の口吻で直接消化しながら吸収するのデス。









コウガイビル


食事のスタイルは様々でありマスが、そもそもコウガイビルはヒルと言う名は付いているものの、環形動物である「ヒル」とは全く別の生き物で、扁形動物の仲間デス。
さらに「コウガイ」は「公害」ではもちろんなく、昔の女性の髪飾りである笄(こうがい)に形が似ている事から名付けられているのでありマス。

この奇妙な見た目も相まって、色々と誤解されていそうな生き物でありマスが、全く人畜無害の、なかなか魅力的なヤツなんデス。

2012.05.11     カテゴリ:  環形動物 

   クガビルでむかえる、爽やかな朝

クガビル 7




本日はにわか雨、雷雨の予報が出ていながら、も早起きして出かけたかいがあったってものデス。


鮮やかなオレンジのなまめかしいbodyはそう、クガビルでございマス。
前日の雨もあり、活動が活発になったのであろうクガビルはまさに食事の真っ最中、自分の身体と変わらない太さのミミズをすすっておりまシタ。



クガビル 3






クガビル 2

身体をくねらせて、少しづつミミズを体内に飲み込んで行きマス。




クガビル 5

約5分後、ミミズの大きさに身体が膨らんでいるのが分かりマス。




クガビル 6

約10分後、ミミズが思いの外大きかったのか、残り1cmほどを残して切断、食事終了。
そさくさとその場を立ち去りマス。







クガビル 8


ド派手な外見とは裏腹に、ミミズが主食の無害なヤツでありマス。
食いっぷりもまた、素敵でございマス。


2012.05.10     カテゴリ: 昆虫 

   イボタガからのお誘い


お天気荒れ模様な日々が続いておりマスが、いかがお過ごしでしょうか・・

ここ最近は休みのたびに雨に見舞われて、部屋でイモムシハンドブックを眺めては、悶々とした毎日を過ごしておりまシタ。






そんなモヤモヤを一気に晴らしてくれたのがコチラ、今がまさに旬の美しいガ、イボタガでありマス。
イボタガ [Brahmaea japonica]
イボタガ
日本で唯一のイボタガ科(Brahmaeidae)のガで、成虫はこの時期のみに現れる、期間限定の怪しい魅力を放つ大型のガでございマス。




ウスタビガ 4

なんともカッコ良すぎるこの翅の紋様は、フクロウに擬態していると言われておりマス。

ボリューム感も申し分なし、触っても動じる事なく眼状紋をさらに強調して威嚇してきてくれる、サービス精神旺盛なガでございマス。


ウスタビガ 3


なんとも美しい・・・








灯りに誘われて、電柱には様々なシャクガの姿も。


電柱


・・そんなガ達に誘われてしまうワケですネ・・


早く晴れた休日が来て欲しいものデス。



最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ


最新コメント
リンク
このブログをリンクに追加する
プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

_(._.)_
検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: