カウンター


カテゴリー 《 植物 》   全11ページ

2017.07.12     カテゴリ:  植物 

   踏まれても。  キバナノショウキラン Yoania amagiensis

キバナノショウキラン Yoania amagiensis
6015.jpg


沢沿いを散策中に発見した、キバナノショウキラン。


人通りのほとんど無い場所でしたが、向こうから岩を降りて来た人がちょうど足を付きやすい場所なのか、運悪く踏まれてしまったようでした。
本当は4つの花を付けていたようで、近くには踏みつぶされてもぎ取れた花が2つ落ちていました。
キバナノショウキランは過去にも数回見た事がありましたが、いずれも株の状態が悪く、いい写真が撮れておりません。

今回の株も、残念ながらもガッツリ踏まれてしまっておりますが・・・残りの2つの花がまだしっかり咲いております。
逆にそれが、なんだか生命感を増幅させているような、そんな怪しいオーラを放っておりました。

地面から天を仰ぎ、口を開けて雄たけびを上げているような・・・




6017.jpg


キバナノショウキラン
菌根をつくり、菌に寄生(共生?)して栄養を得ている腐生植物です。
地下茎は通年活動しているようですが、初夏のこの時期だけ地面から突如、によっきりと現れて花を咲かせるのです。
近縁種のショウキランよりもだいぶ地味で、花もあまり開かないのが特徴です。



6018.jpg


すぐ横を流れる沢。
遊歩道もありますが、こちら側に降りてくる人はほとんどいません。
この日は非常に蒸し暑く、とにかく靴を脱いで沢に入りたい気分でした・・・(笑)


スポンサーサイト

2017.04.29     カテゴリ: 植物コケ 

   コケシーズンのお供!


8589.jpg

ヤンマタケや、クモの虫草を発見した枯れ沢ですが、石と土が入り混じった側壁は、程良く湿度が保たれており、コケがいたる所に生えているのですが・・・
なにげなく目をやったこの石にちょぼちょぼと生えたコケ、なんだか怪しいのです。



近づいてじっくり見てみると・・・







やっぱりありました、極小の蒴!!
8588.jpg

葉の形からするに、ホウオウゴケ科の一種のように思われるのですが、非常に小さい植物体であります。





拡大してみます。
8591.jpg
小さな植物体の先端から、短く柄を伸ばした胞子体も・・・
これまた極小であります。







5890.jpg

指と比べても、この小ささ!
もともと、それ自体が小さなモノが多いコケの蒴ではありますが・・・これは目を凝らして地面を見つめていないと、見逃してしまいそうです。
こんな申し訳なさげな小さな蒴でも、しっかりと胞子を飛ばして生息地を広げているのですから、オドロキですね。






1492269722fAX5KI5pYX5Frdg1492269655.gif


以前に「未定」でも紹介した、ユウレイホウオウゴケのように、植物体が肉眼では確認出来ないほどの「超」極小種の他にも、ホウオウゴケ科にはこのような極小種が何十種とあり、それらは「マイクロ・フィシデンス」と呼ばれるのだそうです。(Fissidens=ホウオウゴケ属)

・・・と、言うのは、今月発売になったコケの図鑑で読んだモノ。








そう、「かわいいコケブログ」でお馴染みの、日本を代表するコケ女子・birdさん著による、新しいコケ図鑑・・・

「知りたい会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑」

であります!



近所にありそうなコケから、これから会いたいコケまで、182種を紹介した、コケ図鑑の決定版であります。

5868.jpg


コケとお近づきになるための③ステップと、分りやすい解説で、いつまで経ってもコケ初心者のクマGにも、とても優しい内容なのです。
そしてなにより、写真がキレイ!
コケの同定が難しくても、写真を見ているだけで楽しめます。


さらに、本を手にとるとすぐに分かるのですが、透明のビニールカバー仕上げになっているのです。
これはもちろん・・・

5867.jpg

そう、コケのあるフィールドに連れ出してもOK!仕様になっていると言う事なのです。
さすが、コケ女子ならではの心にくい演出であります。

birdさんに伺ったところ、このビニールカバー仕上げは、人の手でなければ出来ない作業らしく、とても手がかかるのだそうです。
そんなところにも、コダワリを惜しみなく詰め込んだ一冊・・・



さらにさらに、ほんのちょびっとではありますが、クマGも写真を提供しております。
ほんのちょびっとです・・・どのくらいちょびっとかと言うと、ユウレイホウオウゴケくらいでしょうか(笑)

と、言う事でおススメのコケ図鑑ですよ!
これからのコケシーズンのお供は、この一冊でキマリですね。

4259565389知りたい 会いたい 特徴がよくわかる コケ図鑑
藤井久子 秋山弘之
家の光協会 2017-04-12

by G-Tools



2017.03.19     カテゴリ:  植物 

   一輪の

イチリンソウ Anemone nikoensis Maxim.
8507.jpg


林内にぽつりと、最初の一輪を咲かせておりました。
咲き始めで、まだうつむき加減のイチリンソウを地面から見あげると、空の色も春らしく鮮やかに感じました。

・・・たまには季節感のある花の写真でもどうそ。

2016.10.28     カテゴリ:  植物 

   ひっそりと狂い咲き   カヤラン Thrixspermum japonicum  

3070.jpg

3071.jpg

約2週間ほど前。
いつものフィールドへ向かう途中に通る、苔むした梅の樹が並ぶ公園があるのですが、沢も程近いためか樹皮にはシダ類なども多く着床しております。
普段は通り過ぎるだけの場所なのですが、着床している植物にツボミか実のような物が付いているのがチラリと見えたので、近づいて撮影してみました。

ぱっと見、蘭であるとは思ったのですが、この手の植物の知識がほぼ無かったクマG、帰宅後調べてみると、どうやらカヤランであると思われました。
しかし、カヤランの花期は4月~5月・・・現在すでに10月であります。
これは実なのでは?・・・いいえ、カヤランの実は棒状の長細いもので、これはツボミである事は間違いありません。









約2週間後。

カヤラン  Thrixspermum japonicum  


咲いておりました。
やはりカヤランのツボミだったようで、花期では無いにも関わらず、ちゃんと咲いていてくれました。
1輪だけですが、淡い黄色の可愛らしい花であります。
この株は丁度、自分の首くらいの高さの場所に着床しているので、屈んで下から見上げると、このように花の正面を見る事ができます。




3085.jpg


とても小さくて派手ではないので、知らなければ通り過ぎてしまいそうです。

手前にもうひと株。
よく見ると来春に咲くであろう、小さな花芽の予備軍が控えております。
カヤランは、着床ランとしては普通種のようで、比較的よく見る事の出来る種なのだそうです。
しかしながら、通常は樹の高い場所の枝に着床している事が多く、このように目の高さで観察出来るのは、非常に幸運であると言えましょう。


3086.jpg

小さいけれど、ランの花らしいこの表情。
きっと間違えて咲いてしまったであろうこの1輪でありますが、おかげで来春の楽しみが1つ増えました。

・・・それにしても、何度も通っている場所に、このような着床ランがあったとは。
いつものフィールドでもまだまだ新たな出会いが期待出来そうであります。

2016.07.02     カテゴリ:  植物 

   ヨウラクラン、再び

ヨウラクラン [ Oberonia japonica ]


とても小さな花をさかせる、ヨウラクラン。
着床生のランで、多肉な葉もまた、可愛らしいです。

この花は2014年の5月にも一度紹介しておりますが、同じ株であります。→記事
今年は5月19日撮影です。


2351.jpg

満開と言っても良さそうな咲き具合であります。
細長く垂れ下がった花序に、淡い朱色の小さな花をたくさん付けております。
花の直径は約1mmほどでしょうか。
国産ランの中でも、最小クラスと言われております。





2348.jpg



拡大して見ると、透き通った花弁がとても神秘的であります。
そしてしっかりと「蘭」らしい花の形をしている事がわかります。

2350.jpg


この周辺地域にヨウラクランが生息している事は確かなのですが、この株が自生したものなのか、はたまた人為的にここに植えられたものなのか、正直微妙なラインと言える場所に、この株はあります。
おかげでこうしてじっくり観察できるワケなのですが・・・。

他の自生株も見つけたいところでありますが、最近はフィールドに出ても、ほとんど決まったコースしか歩かないので、もっとアクティブ行動しなければと思う次第であります。

・・・と、やっと5月のヨウラクランの写真を紹介出来たと思ったら、もう7月ではないですか!!
6月あまり外に出れなかった分、7月・8月で盛り返して行きたいところですな。



最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: