カウンター


カテゴリー 《 カゲロウ 》   全1ページ

2016.09.27     カテゴリ: 昆虫カゲロウ 

   めったに日の目を見ない彼等は、ギンギン太陽の下で生まれた   ツノトンボ

Libelloides ramburi

8月の暑い日の光景であります。
山に到着、準備を整え、散策もこれから!と言うところ。
歩き始めるや否や、すぐに足元の草に違和感を感じて慌てて立ち止まりました。



おっとこれは・・・!
Libelloides ramburi

ツノトンボ(の一種)の幼虫であります。
並んだ卵は、全てキレイに丸く蓋が開いており、孵化はすっかり終わっていたようです。
そこにアゴを大きく開いた幼虫達が、黒々と群がっております。





カメラを近づけても、さらに撮影のため草の茎を直接指で押さえても、ほとんど動く事がない幼虫達。
Libelloides ramburi

それなら遠慮なく!
ぐっと拡大してみても、実にぬかりの無い、手の込んだデザインであります。
いや、むしろ拡大するほどに露わになる精巧な作り込み・・・その姿はまさにクリ-チャ-です。
この幼虫達、この後地面に降りて散り散りになり、徘徊しながら他の虫を捕食する生活をする、つまり巣を作らないタイプのアリジゴクとでも言いましょうか、しかしながら掴みどころの無い彼らの生活史を垣間見る事は、極めて困難であるようです。









それにしても、あまりにも通り道のすぐ足元で孵化していた彼等であります。
人はそれほど通らない場所ではありますが、普通に歩いたら蹴散らしてしまいそうで心配です。
Libelloides ramburi

後ろで微笑んでいらっしゃるのは、ハエ界のアイドルでお馴染み・ハエ目ハルカ氏

ハルカ氏同様、ツノトンボの類にはあまりご縁がなかったクマGでありますが、こんな光景を見てしまったら来年は成虫も撮影したくなるではありませんか。
むしろこれから冬季の石起こしなんかで、成長した幼虫に出会えたら・・・なんて淡い期待を抱いている次第であります。

そう言えばジークくんがツノトンボ幼虫飼育していたような・・・あれはどうなったかなー?



スポンサーサイト

2013.05.15     カテゴリ: 昆虫カゲロウ 

   地衣類の衣を纏う

Dendroleon jezoensis


最近、あちらこちらでちょっと話題の昆虫・・・


察しのよい方なら、もう画面にあの昆虫の姿を探している事でしょう(笑)











見つかりましたでしょうか??
Dendroleon jezoensis















そう、地衣類を纏って完璧に壁肌になりすます擬態の名手・コマダラウスバカゲロウの幼虫でございマス。

コマダラウスバカゲロウ [ Dendroleon jezoensis ]
Dendroleon jezoensis

ご存知・アリジゴクこと、ウスバカゲロウと同じアミメカゲロウの仲間に属するこのコマダラウスバカゲロウ、体型はアリジゴクと似ていマス。
が、アゴの開き具合が尋常では無いデスね。

アリジゴクのように巣は作らず、こうして地衣類のある壁に張り付いて獲物を待ち伏せするのデス。
体長は9mmほどデス。







見事。
そして、なかなかの異型昆虫でありマス。
Dendroleon jezoensis






待ち伏せと擬態にはかなりの自信があるらしく、この虫はほとんど動くことはありまセン。
試しに指で少しツンツンしても、全く動こうとはしませんでシタ。





上の写真と同じ場所に、三週間後に訪れてみまシタ。
シダの葉が目印になると思いマスが、同じ個体がはぼ移動せずにその場所に居てくれまシタ。


が、しかし!
すぐ左横には別の個体が出現「お、二匹になってる!」と、撮影した写真がコチラ。
Dendroleon jezoensis


自宅にて写真を編集しながら、動かないようでもやはり日々活動しているものだな、などと感心していると・・・
なんと!さらにもう一頭、左横に少し小さい個体が写っている事に気づいたのでありマス!!


見つけられたでしょうか・・・?





流石、擬態の名手コマダラウスバカゲロウでありマス。
完全にやられまシタね・・・。





コマダラウスバカゲロウは特に珍しい昆虫と言うわけでは無く、このように地衣類やコケが生えている壁面があれば、そこに溶け込んで潜んでいる可能性は十分にありマス。


是非この、コマダラ探しにチャレンジしていただきたいところ。
じっくりとコケの壁と向き合ってみてくだサイ。






2012.03.15     カテゴリ: 昆虫カゲロウ 

   春を告げる、妖精

暖かな日射しが春の訪れを実感させてくれた本日。
しかしながら、飛び回る虫の姿はまだまだわずかデス。

そんな日射しの中を、フワフワと舞う虫の姿が。
シロハラコカゲロウでありマス。





シロハラコカゲロウ [Baetis thermicus ]
シロハラコカゲロウ


小さいながらも、その透き通った体はまるでガラス細工かのような繊細でございマス。

そして最大の特徴はこの大きな複眼デスネ。
頭部のほとんどを占めるこの真っ赤な独特形状の複眼は、♂だけの特徴でもありマス。

繊細なのは見た目だけにとどまらず、成虫になると何も食べず、種類によっては数時間、長くても2~3日で死んでしまうモノもいる事から、儚い生命の象徴として古くから知られて来た昆虫デス。

さらにカゲロウと言えば、翅を持った最初の昆虫であり、太古の地球ロマンを感じずにはいられない、原始昆虫としても魅力的な存在デス。








・・・こうした、春を告げる小さな虫との出会いは、嬉しさもひとしおでありマス。


花粉のムズムズも忘れさせてくれるひと時でした☆




最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: