カウンター


カテゴリー 《 Plants 》   全5ページ

2016.11.14     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   オトンナ・レトロルサ  Othonna retrorsa.

Othonna retrorsa


初冬の冷たい空気を待ちわびていたかのように、最初の一輪を咲かせたアフリカン・ワイルド菊であります。




Othonna retrorsa









8月の終わり。

Othonna retrorsa.

このどう見ても生きているとは思えない枯れ草の山は、冬型種であるオトンナ・レトロルサの特徴的な休眠中の姿であります。
この枯れ姿に合わせて、ボロっとした趣の鉢に植え替えをしました。→根の様子

オトンナ・レトロルサは、南アフリカ原産の塊根植物で、キク科・オトンナ属。
塊根植物と言えばコチラのオシャレなサイト・isla del pescadoさんによると、「海岸線に近い半砂漠の開けた平原や、砂質の土壌の岩場などに自生している」との事。
南アフリカの厳しい気候と、海岸線や半砂漠と言った特異な自生環境が、この様な姿に進化を遂げさせたのでしょう。




Othonna retrorsa.

冬型種のオトンナ属は、通常暖かい時期になると葉を落とすのですが、オトンナ・レトロルサは枯れた葉をそのまま纏い続けて、このような独特な姿を作り出しております。
休眠中、厳しい暑さや日射しから塊根を守るためなのでしょうか、はたまた、外敵からカモフラージュして身を守るためなのでしょうか。
風変わりな種の多いキク科オトンナ属の中でも、ひときわ特徴的であります。


一見、カサカサの枯れ草にしか見えませんが、よく見てみると、生長点部分には白い綿毛に守られるように、新芽の緑色が顔を覗かせておりました。

Othonna retrorsa.









そして10月半ば。
Othonna retrorsa.

新芽の出ていた部分からは、小さな葉と共に、早くもツボミが上がって来ておりました。

Othonna retrorsa.







そして数日前からツボミは黄色く膨らみ、最初の一輪が開花したのです。

Othonna retrorsa

風変わりな塊根の姿に似合わぬ、素朴な花の姿は、とても可愛らしいです。



Othonna retrorsa

オトンナ・レトロルサは休眠から覚めると、葉を先に出す事が多いようですが、このように花を先に咲かせる場合もあるようです。
なにか条件的な違いがあるのでしょうか。
涼しくなってきてからも、水やりは与え過ぎぬよう、慎重にしていたつもりです。
葉はまだまだ少ないですが、ツボミは沢山確認できます・・・これから冬の間、この可愛らしい黄色い花をポツポツと咲かせてくれる事でしょう。

塊根に限らずサボテンや多肉植物などを見ていると、遥か遠くアフリカで生まれた植物達が、この日本の気候の下でしっかりと根を伸ばし、花を咲かせている・・・そんな姿にいつも胸を熱くさせられます。
素朴な花の姿のも、ワイルドな力強さを感じずにはいられませんね。


スポンサーサイト

2016.09.26     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   ガの角?・・・蛾角  Huernia brevirostris

フェルニア 蛾角 [ Huernia brevirostris ]
Huernia brevirostris フェルニア ブレビロストリス

咲きましたよ咲きました、ガガイイモの花!

花らしい花がめったに咲かない、我がベランダでありますが・・・
これは美しいっ!と言うよりは、個性的なデザインが可愛らしい蛾角の花であります。
五角形の星型が、いかにもガガイモと言った姿です。


Huernia brevirostris フェルニア ブレビロストリス

こちらの蛾角は、以前にテイランジア・ストレプトフィラを頂いたお方に、再び頂いたモノ。→新たけのこ園芸
ほんと、毎度頂いてばかりのクマGであります・・・感謝!


Huernia brevirostris フェルニア ブレビロストリス

7月の初めに頂いて、三角形の鉢をチョイスしたのが記憶に新しい・・・


そう、この蛾角は思いのほか動きの速い植物だったようです。
植え付けて3カ月も経たないうちにもう花を見せてくれる・・・成長の穏やかな多肉植物の中において、この素早さは驚きでありました。
これだけ変化があると、毎日眺めるのも楽しくなります。




以下、アイフォン写真のよる記録であります。


3021.jpg

左から
7月3日届き、7月7日植え付け。
8月18日新芽確認。
9月1日新芽部分に、小さなツボミ確認。
9月22日ふくらんだツボミ。



ガガイモ自体、初めてのクマGでありますが、初心者にもやさしいこの蛾角、ガガイモへの扉を開いてくれた事は、言うまでもありません。

2016.07.11     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   梅雨を楽しむ、マレモンティ    Tillandsia mallemontii

ティランジア・マレモンティ [ Tillandsia mallemontii ]
Tillandsia mallemontii

ティランジア・マレモンティです。
今年入手したものですが、早速かわいらしい花が咲いたのでご紹介。
南米ブラジル原産のティランジアで、草姿はウスネオイデスを粗くしたような感じであります。



しかしこの紫色の可愛らしさは・・・!
Tillandsia mallemontii

梅雨時にぴったりの、ツユクサを思わせる佇まいであります。
(実際のツユクサはもっと濃い青をしておりますが・・・)
花の直径は約10mmほどで、とても小さいのですが、それもまた、いいのです。


Tillandsia mallemontii

そしてマレモンティの花は、爽やかなよい香りがあります。
しかし花が小さいので、くんくん嗅ぎ過ぎて花ごと吸い込んでしまいそうなったので、やめました(笑)
まだツボミがいくつかあるので、しばらく楽しませてもらえそうであります。











おまけ
先月咲いたサボテンです。
もう数年我が家にあるのですが、いまいち種類もよく分からないサボテンが、初めて豪華な花を咲かせました。


1465478600dL81ksANRBKGdg11465478568.gif


サボテンの花は夜は閉じてしまうのですね・・・
結局ちゃんと撮影できぬままこの豪華な花は終わってしまいました。
次回はしっかり撮影してあげなければ。

2015.12.02     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   師走も、亀の歩みで  Sedum 'hernandezii'

緑亀の卵 [ Sedum 'hernandezii' ]
Sedum hernandezii

ゴロっとした深緑色が特徴の、セダム・緑亀の卵。
相変わらずいいネーミングであります。

こちらの株は、約1年半前に親株から長く伸びていた部分を切って、挿し木をしたのですが、あえて横向きに植え込んでみたもの。じっくりゆっくりですが新葉が少しづつ増えて、真冬も真夏も表情ひとつ変えずに成長し続けている強健種であります。

と、言う事で久々に写真を撮ったので、10カ月前と比べてみましょう。


こちらが2015年2月。
2088.jpg

こんなふうに育つんですね〜。→記事
セダムの中では成長が極めて遅いとされるこの緑亀の卵、その歩みもまさに亀であります。
じっくり育つ植物はいいものです・・・

さてさて、すでに師走に突入して、今年も残すところ後わずかに。
何かと慌ただしく、いつの間にか年が明けてた・・・なんて事にならないように、じっくりと過ごさねば。
ベランダの植物達を見習うべきですね。

今年の冬も、寒さに負けず元気に乗り切ってくれる事でしょう。



2015.11.15     カテゴリ: 虫ゼリーMAXPlants 

   ティランジア・ストレプトフィラ  Tillandsia streptophylla

ティランジア・ストレプトフィラ [ Tillandsia streptophylla ]
Tillandsia streptophylla ストレプトフィラ

先日、ツイッターで知り合いになった方にいただきました。

「B品なので・・」と言うお話でしたが、株自体はとても元気元気!!
いやあ、これは一足早いクリスマスプレゼントであります・・・嬉しい!
ありがとうございます。

ハイセンスな植物チョイス、野性味重視の辛口管理、いろいろ素晴らしすぎるお方です。
新たけのこ園芸





Tillandsia streptophylla
どうやっても地面には置けないほどにカールした外葉がカッコいい。
そんな外葉にひっそりと隠れておりますが、基部はでっぷりとした壺型なのです。


Tillandsia streptophylla
ぐんぐん伸びてくれそうです。


Tillandsia streptophylla
根っこもがっちり出ております。
う~ん、かっこいい!



大切に育てなければ・・・!

そう言えば我が家のティランジア勢も、そろそろ室内に取り込みたい季節になってまいりました。
キレイに巻いた葉を痛めぬようにはどうすればよいか・・・
やはり棚に置くよりは、ぶら下げた方が見栄えもよさそうですが・・・

せっかくなので、かっこよく管理したい!・・・さて、どうしたものか。





最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: