カウンター


カテゴリー 《 昆虫 》   全49ページ

2017.04.01     カテゴリ: 昆虫バッタ 

   ガロアムシの一種

ガロアムシの一種
8517.jpg

石をめくって地面の下を見ていると、時折現れるガロアムシ。
毎回撮影を試みるのですが、なかなか動きが早く、すぐに石の下に隠れてしまうので、写真を撮らせてくれない存在なのです。
今回は動き回るものの、裏側に逃げ込まなかったのでなんとかフレームに収まりました。



8516.jpg

白く半透明な体。
幼体なのでしょうか?
同じポイントで、茶色くてもっと大きな個体も見た事がありますが、同種なのかは不明です。
「生きた化石」として有名なガロアムシ・・・今まであまり注目していなかった虫ですが、調べてみるとなかなか面白そうな虫であります。
スポンサーサイト

2017.02.19     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   木漏れ日にふわり舞い降りた、白い天使


8474.jpg


久々のフィールドはすっかり春爛漫の陽気だったこの日、一歩藪に踏み込むと、木漏れ日に暖められた林内のそこかしこから小さなハエ目らしき羽虫が飛び交いました。
気にはなったのですが、先ずは地面の虫から・・・と、這いつくばっていると、目の前の落ち葉にその中の一匹がふわりと舞い降りたのでした。





ひょっこりと顔を出し、落ち葉の上をちょこまかと歩き回のはチョウバエの一種。

8475.jpg

丁寧に一節づつ毛で覆われいる特徴的な触角と、ハエ目らしく意外に大きな複眼であります。
・・・しかしながら、もふもふのガにしか見えませんね、この面構え。





8477.jpg

どこにでもいるチョウバエですが、これまた同定が難しいのであります。
と、言う事でとりあえず「チョウバエ科の一種」、でございます。

しかし拡大してみると、とても美しい昆虫のひとつですね。



8478.jpg


これだけ暖かいと、いよいよ花粉の気配を感じずにはいられません。
この日はギリギリ大丈夫だったのですが・・・花粉を気にせずフィールドに行けるのは、しばらく先になりそうです。


2016.12.01     カテゴリ: 昆虫ハエ・アブ 

   主役



コケの蒴に、ショウジョウバエの一種。

双方、可愛らしい事、このうえなし。
しかし、このブログの特性上、カテゴリを「ハエ・アブ」か、「コケ」のどちらかにしなければなりません。
こう言う選択を迫られる場面は、記事を書いているとよく起こりうるのですが、毎度非常に悩ましいのです。
普段、小さな虫などを主に撮影しているので、ここは「ハエ・アブ」のカテゴリを選択しますが・・・


脇役に回っても、いつも文句も言わずに主役を引き立てる、コケはやはり偉い。




・・・と、言う事で今年もいよいよ、待望の「苔暦2017」が発売開始との事であります!
クマGも早速注文しちゃいました!詳しくはお馴染み・「かわいいコケ ブログ」へ!→【お知らせ】

2016.11.29     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   これを、神秘と見るか、何と見るか。



目に見えて動き回る虫の姿もだいぶ少なくなった中、いつもの苔むした倒木で、キノコの周辺を這いまわっていた奇妙なイモムシ。
ハエ目の幼虫に見えますが、この通りスケスケであります。





内臓も丸見えです。
8403.jpg








幼虫が動くたびに、体内で蠢く内臓の様子がよくわかります。


1479836114SjTRmHpbgklVDo51479836106.gif




1479836259jPShcq7r92COcGZ1479836257.gif






透明部分に覆われている頭部。

1479836182rAHQDuY9gi_Wnlw1479836180.gif








キノコバエの一種でしょうか・・・?
全く分りません。
8405.jpg

身体が透き通って透明な生き物は、やはりどこか神秘性があり、時に世間から注目されたする存在でありますが、土壌を探せば、こうした透明のイモムシは、割と見る事が出来ます。
それが何の幼虫なのかを探るのは、なかなか至難を極める場合が多いですが・・・









話は変わりますが、クマG、今流行りの胃腸炎にすっかりヤラレてしまいました・・・
幸い、重症化はしておりませんが、未だ体調は万全とはならず。
しかしながら、仕事も休めないと言う、これまた、なかなかドMな日々であります。


このイモムシのよいうに、体内がスケスケなら、自分の体調管理も、さぞしやすかったでしょうに。

この蠢く透明イモムシのGIFアニメが、今の自分の内蔵の具合と重なって、なんとも言えない気分になりました。
やはり内蔵が丸見えならば、具合の悪い原因もすぐ分かるでしょうし、ひいては大病の早期発見に繋がったりと、いい事ばかりじゃないですか。
・・・いや待て、そうなるといざと言う時に仮病が使えなくなる恐れがっ!

・・・と、どうにもくだらないオチになってしまうので、今日はもう寝ます(笑)









*追記*

今年の3月に、湿った落ち葉の下で見た透明イモムシのGIFがありましたので貼っておきます。
こちらもハエ目に見えますが、不明であります。


14コマ、490pix


2037_20160303173027f75.jpg

2038_20160303173029cbf.jpg

2039_20160303173029d3a.jpg

2016.11.16     カテゴリ: 昆虫ゴキブリ 

   冬に備える



小さなキノコにやって来ていたのは、これまた小さなゴキブリの幼虫でした。
美味しそうに齧りつくキノコは、まるで巨大なパンケーキかのようであります。
・・・ちいさい秋も、そろそろ冬支度でしょうか。

3109_20161111000400ba0.jpg

かわいいです。
これはモリチャバネゴキブリでしょうか・・・。
ツヤっとした黒地に薄茶色の縁取りがある、よく見かけるあの体色に変化する前の若齢幼虫かもしれませんが、定かではありません。
周囲ではよくモリチャバネゴキブリを見かける場所です。

沢山食べて、無事に厳しい冬を乗り切って欲しいものであります。





1478787787UJtRe5s3U43qpPM1478787786.gif


カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: