カウンター


カテゴリー 《 その他の生き物 》   全2ページ

--.--.--     カテゴリ:  スポンサー広告 

   スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018.06.01     カテゴリ:  その他の生き物 

   クガビルの交尾(?)

ヤツワクガビル Orobdella octonaria Oka.
1198.jpg

小雨が降ったりやんだりの空模様だったこの日。
いつものように藪に分け入ると、少し開けた空間に、大きなオレンジ色の物体が落ちていました。
遠目でもすぐにそれがクガビルであると分かる、独特のカラーリング。
こんな雨降りの天気だし、ミミズでも追いかけて出て来たのかと見てみると、なんだか様子が違います。



それは密着する2匹のクガビルでした。
1196.jpg

2匹は腹面を密着させているようです。
雰囲気的に、これは交尾行動なのでしょうか・・・?

30分以上この周辺で撮影していましたが、2匹は特に大きな動きをする事もなく、離れる事はありませんでした。




腹面中央、やや後ろあたり?を密着させているようで、すこし突いてもみましたが、全く離れません。
結合部分はイマイチ確認できませんでした。
1197.jpg


この日はもう一組、同じくクガビルの交尾と思われる行動を見ました。
帰宅後、クガビルの交尾について調べてみたのですが、イマイチ有力な情報は掴めぬまま・・・
情報の少ない生き物だけに、まだ謎の部分が多いようです。




こちらの記事も、合わせてどうぞ。→クガビルの朝食
スポンサーサイト

2017.07.10     カテゴリ:  その他の生き物 

   クガビルの朝食

ヤツワクガビル Orobdella octonaria Oka.
6035.jpg


小雨が降る早朝の山道を歩くと、期待していた光景に出会う事ができました。
自分と同じくらいのサイズのミミズを捕食している、ヤツワクガビルであります。

今年は動画にしてみましたので、よろしかったらご覧下さいませ。



[広告] VPS

2017.03.15     カテゴリ:  その他の生き物 

   トガリネズミ


8502.jpg

林の中で見つけたトガリネズミ・・・すでに死んでいますが。
正確にはトガリネズミ属の一種、でよいのでしょうか。(ホンシュウトガリネズミ. Sorex caecutiens shinto.?)




8503.jpg


尖った鼻先、小さな眼と耳、とても特徴的な顔つきであります。
ネズミと言ってもげっ歯類ではなく、モグラなどと同じ食虫類に分類される彼等は、昆虫などを始めとする小さな生き物を主食としておりますが、非常に代謝率が高く、昼夜問わず常に餌を食べていないと数時間で餓死してしまうのだそうです。
ちなみに冬場も冬眠する事なく活動しているようですが・・・この個体はなぜ死んでしまったのでしょうか。



8504.jpg


まだ柔らかさの残る、死後間もないと思われる死骸でした。
数年前ですが、この場所の近くで生きたトガリネズミを見た事もあります。
土壌生物も豊富なこの場所は、きっとトガリネズミにも住みやすい場所なのでしょう。



この「その他の生き物」と言うカテゴリーは更新頻度が低いのですが、記事を書くにあたって何気なく見返してみると、2013年の2月にも、同じくトガリネズミの死骸を紹介しておりました。→記事
そんな事は全くもって忘れておりましたが、どうやら2回目の登場だったようです。

と、言う事で次は是非とも、生きている個体を撮影したいものです。
しかしながら小さくて警戒心の強い哺乳類を写真に収めるのは・・・やはり至難の技であります。

2016.08.10     カテゴリ:  その他の生き物 

   この風格、さぞかし名のある山の主か



まだ日差しも暑い午後の時間、山道脇の朽木の上にさっきまではいなかった大きなヒキガエルが姿を現しました。
この辺りの主であるかのような風格で、カメラを近づけても全く動じる様子はありません。




それならばと、さらにぐぐっと広角レンズを近づけみます・・・!
2969.jpg

・・・参りました。
やはり、どうにも勝てる気がしません(笑)








1470769535bNSx9NlGthDvYBZ1470769514.gif

2016.05.09     カテゴリ:  その他の生き物 

   小さなアンモナイト

ムシオイガイの一種


ジークくんに教えていただいた、ムシオイガイの一種。
大きさは5~6㎜と小さいのですが、ファインダーを通して拡大して見てみると、この質感・・・かっこよさ。

2183.jpg

いびつに盛り上がる重厚感ある殻の形は、とても特徴的であります。


2184.jpg

まるでアンモナイトかのようなこの姿。
こんな貝がいつも通っていたフィールドに生息していたとは。





2185.jpg

ムシオイガイのもう一つの特徴である、「蓋」が撮りたかったのですが、撮影しようと転がしているうちに入口に土が入ってしまい、撮れず・・・
実際は、タニシのようの殻入口に蓋を持っております。

今度見つけたときは、顔をだしているところも是非見てみたいですね。



最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。