カウンター


カテゴリー 《 菌類 》   全25ページ

2018.05.23     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   コガネムシタンポタケ2018 Ophiocordyceps neovolkiana

1155.jpg

コガネムシタンポタケを見に行ってまいりました。

今年も菌友のМさんと共にポイントを目指します。
今年はアミガサタケがほとんど見れなかった事や、4月に乾燥した日が続いていた事もあり、若干の心配がありましたが、ポイントに到着してみるとご覧の通り。
鮮やかなオレンジ色が出迎えてくれました。


とても目を引く、双頭の個体。
1157.jpg

オタマジャクシのいる、小さな水たまりの近くに横たわった、苔むした朽木に出ていたこの個体がとてもキレイで、「これはインスタ映えだ!」なんて盛り上がりながら撮影したのですが・・・
なんと、「僻地彷徨」の西山さんも全く同じ株を撮影されていたようで、ビックリ!
→記事ミカンのような、レモンのような

たしか以前にも同じような事が(笑)西山さんとは完全にポイントが被っているようなので、いつかはご一緒してみたいところであります。





通り道に面した倒木からも。
1159.jpg
コケの緑とのコントラストが、いつ見ても惚れ惚れします。



ひとつを取り出してみました。
1158.jpg

幼虫の形がイマイチ分かりづらい個体でしたが、この周辺では主にオオトラフハナムグリの幼虫から発生しているようです。

このポイントは冬虫夏草が発生するにはかなり湿度が高めで、地面に水の流れもあり朽木は全面をコケに覆われております。
今はとても良い状態ですが、ここの朽木がいつまで持つのかが少し心配です。
とは言え、今年もたくさんのコガネムシタンポタケを見る事が出来たことに、感謝!




1160.jpg



ご一緒にこちらの記事もどうぞ!→「コガネムシタンポタケ」
スポンサーサイト

2018.05.22     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   今年初見のカメムシタケ

カメムシタケ Cordyceps nutans
1142.jpg

今年初見のカメムシタケを発見。
カメムシの陰から顔を出した未熟な子実体柄。
まだだいぶ短いですが、先端はしっかりオレンジ色をしております。
これから夏に向けて、にょきにょきと柄を伸ばして行く事でしょう。
山道脇の杉の根本で発見。

2018.05.20     カテゴリ:  菌類 

   地面も鮮やかに・5月の小さな風景

マメホコリ  Lycogala epidendrum
1132.jpg

足元の朽木に、小さなマメホコリを発見。
今年初見のマメホコリは、とても小粒ですが鮮やかなピンク色がよく目立ちます。
地面にはウヅキの花がたくさん落ちていました。


・・・と、偶然通りかかったザトウムシとコラボ!
1133.jpg

小さなザトウムシの幼体も、地上に現れ始めていたようです。

ここ最近、雨も多かったせいか、いい感じの湿り具合。
5月の初めに訪れた時とはまた様変わり、粘菌達も本格的に動き出しました。

2018.03.30     カテゴリ:  菌類 

   初物・アミガサタケ

アミガサタケ  Morchella esculenta.
2020_201803300042516f9.jpg


3月の最後に今年初のアミガサタケを拝む事が出来ました。
ネット界隈ではすでに「出てる」情報が飛び交っていたので、アミガサタケに集まるトビムシや小さなハエを撮影しようと意気込んでいたのですが、なんとか発見出来たのはこの1本だけでした。
・・・それらを撮影できるのはもう少し先のようです。

まあ、小さくてかわいらしいので良しとしましょう。

2018.03.25     カテゴリ: 菌類冬虫夏草 

   クモの・・・

2010_20180324003726e02.jpg

石の裏にひっそりと残る、小さなクモの亡き骸。
しかし、これが実にアヤシイ・・・


2011_2018032400372804b.jpg

この菌糸に包まれた姿、もしかしたら冬虫夏草なのでは?
それともカビているだけなのでしょうか・・・
隈なくチェックした(つもり)のですが、子嚢殻らしきモノは確認できません。

2013_20180324003728be9.jpg

うむむ・・この姿。
以前にも、この周辺で同じように石裏から菌糸に包まれた怪しいクモを発見しており、記事にもUPしています。
2016年3月の記事→「クモノイト」

さらにこの周辺では、同じように石裏で菌糸に包まれたクモから、子嚢果が出ている状態の冬虫夏草を2度ほど発見しております。
2016年1月の記事→「雪化粧ならぬ、菌化粧」
2017年4月の記事→「クモの冬虫夏草 Givellula sp.」


2016年の記事の個体に関しては、撮影後埋め戻しをしましたが、経過観測をする事が上手く出来ませんでした。
今回も慎重に埋め戻しをしましたが、どうでしょうか・・・やはり石裏での発見ですので、一度開けてしまうと、いくら同じように戻しても微妙に空気の流れや環境が変化してしまうのは防ぎきれません。
この写真を撮影したのは2月ですので、そろそろ確認しに行きたいトコロであります。
さて、どうなっているかな・・・


最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: