カウンター


カテゴリー 《 菌類 》   全24ページ

2018.02.20     カテゴリ:  菌類 

   菌、ウイルス、カビ、雫

1975_20180216180738507.jpg


先週、人生初のインフルエンザの診断を受けました。
A型であります。
毎年予防接種を受けていますし、もちろん今シーズンも受けてはいたのですか・・・。

ウイルスはどこから感染してくるのか、油断なりません。
幸いにも、症状は思い描いていたものよりずっと軽く、2日目には元気に回復、普通に冬休みを頂いただけのようになってしまいました。
去年の年末にかかった、人生初の中耳炎の方が、数倍辛かったです!!



1976_2018021618074030b.jpg


写真は小さな雫をのせた、カビ。

1月に降った雪が未だに残る、いつもの山の枯れ沢の底。
降り積もった落ち葉をそっとどかすと、小さなキノコよりもさらに小さな白いカビの菌糸がふわふわと。
カビ達はその小さな頭に、さらに小さな雫の玉を乗せてお出迎えしてくれました。

1977_20180216180741cfd.jpg



インフル休暇の気分転換にこっそり山に行った事は、もちろん秘密であります。
スポンサーサイト

2017.11.28     カテゴリ:  菌類 

   11月も頑張る、マメホコリ  Lycogala epidendrum.

マメホコリ Lycogala epidendrum.
1842_2017110501454587e.jpg

11月の始め。
気温も下がり、ぐっと秋が深まった山は、キノコも粘菌もすっかり少なくなっておりました。
そんな中、大きな倒木の一番端っこに、小さなマメホコリを発見。
しかもまだうっすらピンク色で、出来たての未熟状態ではありませんか!

この日は粘菌がほとんど見つからなかったので、嬉しい発見でした。


・・・約一週間後の同じマメホコリ。
1856_201711092321235ff.jpg

成熟した色に変わっておりました。







すぐ横には、2つ仲良く並んだ小さなマメホコリも。
1843_20171105014547187.jpg


こちらも約一週間後。
1857_20171109232124430.jpg

とても小さくて、可愛らしいです。




拡大すると、独特な質感の表面構造をしております。
1858_20171109232126a65.jpg

次に訪れた時に、この個体達がまだ残っているかは分からないので、マメホコリを見るのも今年は見納めでかもしれめせん・・・。
同じポイントに通うのも、こうした経過観察が出来きると言う面白みがあります。

2017.10.08     カテゴリ:  菌類 

   小さな迷路 ヘビヌカホコリ Hemitrichia serpula.

ヘビヌカホコリ Hemitrichia serpula.
1771_20171006004348e02.jpg

見つけると嬉しくなる粘菌、ヘビヌカホコリ。
今回もまた、ついつい撮影してしまいました。
ところどころ痛んだりカビが生えたりして、なんだか味のある個体であります。



ところで、「屈曲子嚢体型」と呼ばれる、クネクネした迷路粘菌仲間として、「未定」では以前にハイイロフクロホコリを紹介しておりますが、せっかくなので同じショットを撮影してみました。
こちらも合わせてご覧下さいまし→小さな迷路 ハイイロフクロホコリ

1770_201710060043254d0.jpg

それにしてもヘビヌカホコリは面白い&可愛らしい粘菌だ。

2017.10.07     カテゴリ:  菌類 

   アラゲコベニチャワンタケ

1762_20171006004314e7e.jpg

アラゲコベニチャワンタケ  Scutellinia scutellata.

沢に張り出すように立っている、大きなサワグルミの根本の二股になった部分。
樹皮の凹凸の間に僅かに溜まった枯葉と泥の中に、小さなオレンジ色のツブツブが見えました。
よく見てみると、どうやらアラゲコベニチャワンタケのようであります。
直径は大きなモノでも約2mmほど。

早速撮影してみると、真ん中にトビムシがいるではありませんか!
小さすぎて撮影してみるまで全く気付きませんでした。
樹の股にレンズを突っ込んで、慌てて倍率を上げて再度撮影してみました。


どうやら、このトビムシはアラゲコベニチャワンタケの中に入ったのはいいが、内側を向いた毛のせいで、なかなか外に出られない様子であります。





「うんしょ!」
なんとか外に出れそうです(笑)
1763_20171006004316cca.jpg


ところでこのトビムシ(Sminthurinus bimaculatus?)、「未定」では何度か登場しているのですが、毎年秋頃から姿を見せ始めるようです。
去年も11月に発見、撮影しております→記事
・・・あまりに小さいため、実際は1年中いるのかどうなのかは不明ですが、この「逆パンダ柄」を見ると、いよいよ秋も深まるのかなぁと言う気分になりました。

そんな事を考えている隙に、脱出に成功したトビムシは、そさくさと姿を消してしまいました。

2017.10.04     カテゴリ:  菌類 

   隙間って、いいよね

6122.jpg

地面に落ちていた細い枯れ枝から、小さなキノコが出ていました。
小さいながらも、裏側のヒダが美しいキノコであります。






よく見ると、ヒダの隙間に小さなトビムシが。

6118.jpg

ちょんちょんと、黒い眼があるのが確認できます。


6119.jpg

この円らな眼があるだけで、可愛さ倍増ですね。




手前にある気になる黒いつぶつぶは・・・
6120.jpg

どうやら何者かの糞のようです。
このトビムシたちの糞かどうかは不明ですが、最初に肉眼で見た時は別の生き物かと思って、張り切って接写しました(笑)






なんとも可愛らしいこの表情!・・・ゆるキャラ的姿であります。
6121.jpg

それにしても、キノコのヒダの隙間って、とても居心地がよさそうですね。
こんな場所で、のんびり昼寝でもしてみたいものです。



最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: