カウンター


カテゴリー 《 イモムシ 》   全6ページ

2017.11.23     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   オドロキのイモムシ!  ニジオビベニアツバ Homodes vivida

11月初旬です。

1825_20171105014456847.jpg


全身から謎のピラピラをたくさん付けた、奇妙なこの姿・・・
すごいイモムシを見つけてしまいました。

いつも通っている山、川沿いのキノコが沢山出るポイント。
今回もキノコや粘菌が出ていないか、いつものように見回ったのですが、先月の台風の爪痕が未だに残っている地面は荒れ放題・・・秋も深まり、何かありそうで無さそうな雰囲気。
とりあえず地面にはいつくばり、落ち葉の間から顔を出していた小さなキノコを撮影したりしてみましたが、やはり目に付くモノは少ないのです。
地面の小さなキノコを撮影し、ふと顔を上げると・・・目の前の小枝に見慣れないシルエットが映りました。


「なんだコイツは!?」
1826_20171105014456c5c.jpg

この奇妙な姿のイモムシですが、あまりに特徴的な姿のために、「どこかで見た事がある」ような気がしたのです。
それは自分の目で見たと言うよりは、誰かが撮影した写真か、もしくは詮索した写真の中で目にしたような・・・
とにかくこれだけ目立つ姿のイモムシですから、間違い無くメジャーな種である事は確実だと思ったのです。

それは帰宅後に調べ始めてみてすぐに間違いだと気付いたのですが・・・




1827_20171105014458dff.jpg

このイモムシの体長は約20mmとかなり小さく、さらに落ち着きなくピョコピョコと歩き回るので、なかなか思うような角度から写真が撮れません。
結局、撮影中は落ち着いてくれる事は無いままずっと活発動きまわり、かなりの枚数を撮影しました(笑)





1828_201711050144598d2.jpg




さて、飾り付きの特徴的な突起を揺らし、尺をとりながら活発に歩き回るこの小さなイモムシの正体は・・・

ニジオビベニアツバ Homodes vivida でした。
ヤガ科(Noctuidae) シタバガ 亜科(Catocalinae)。

尺をとりながら歩く姿を最初に見た瞬間から、シャクガ科だとばかり思って疑わなかったのですが、後からよく見てみると、腹脚の数が全く違いますね。
腹脚とはイモムシの体の中ほどにある、脚の役割をしている疣のような突起の事ですが、通常、多くの種は4対の腹脚を持っております。
シャクガ科のイモムシの腹脚は通常、1対。(このため、尺を取って歩くのだそう)


そして、このイモムシの腹脚は・・・3対でした。
なるほど、シャクガ科ではない!
1893_20171123154331e9c.jpg
通常4対のところ3対しかなく、さらに一番前の1対が少し小さくなっております。
これによってこのイモムシも尺を取るような歩行スタイルになったのでしょうか。




うーむ・・・
言われてみれば、なんとも分りやすい。
しかも「未定」では、過去に「尺をとるけどシャクガ科でない」イモムシを、何種か紹介しているにもかかわらず・・・

しかしながら、このニジオビベニアツバの幼虫はあまり記録が無いようで、帰宅後にとりあえず開いくイモムシのバイブル・「イモムシハンドブック」①②③にも記載はなく、さらには「みんなで作る日本産蛾類図鑑」にも、幼虫の写真は出ていないのです。
こうなると、シャクガ科の幼虫を片っ端から検索しても見つかるワケがありません。
その後、とりあえずそれらしい科も全て虱潰しに検索してみますが、手掛かりすらみつからず。

最終的には、「突起」「飾り」「イモムシ」などのワードで、なんとかたどり着いた次第でした。
もともと南方系であり、関東では数年前から確認されるようになって来た種で、幼虫の食草もはっきり分っていないのだそうです。



1829_20171105014501b32.jpg

ちなみに、気になるのは全身から出たこの飾のような突起の果たす意味ですが・・・
検索情報によると、「ツムギアリに擬態して、アリからの攻撃を受けない」と言うオドロキの答えが。
ツムギアリなんて日本にはいませんし、そもそもこの頼りないピラピラで本当にアリに擬態が出来るのでしょうか・・・?
もちろん、南方系であるこの仲間の他の種には、本当にツムギアリの住みつく奇主植物上に生息し、ツムギアリに擬態・アリからの攻撃を受けずに生活しているモノもいるようですが、本種に関してはどうなのでしょうか。
謎多きイモムシであります。

とにかく、こんな面白いイモムシがいつものフィールドに生息していたとは、オドロキでした。
来年は是非、成虫も自分の目で見てみたいと思います!







「尺をとるけどシャクガ科でない」イモムシ達の記事はこちら。

モモイロツマキリコヤガの幼虫→キミは一体何になりたいの?
キスジコヤガの幼虫→満開の桜を見上げる世界
スポンサーサイト

2016.11.29     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   これを、神秘と見るか、何と見るか。



目に見えて動き回る虫の姿もだいぶ少なくなった中、いつもの苔むした倒木で、キノコの周辺を這いまわっていた奇妙なイモムシ。
ハエ目の幼虫に見えますが、この通りスケスケであります。





内臓も丸見えです。
8403.jpg








幼虫が動くたびに、体内で蠢く内臓の様子がよくわかります。


1479836114SjTRmHpbgklVDo51479836106.gif




1479836259jPShcq7r92COcGZ1479836257.gif






透明部分に覆われている頭部。

1479836182rAHQDuY9gi_Wnlw1479836180.gif








キノコバエの一種でしょうか・・・?
全く分りません。
8405.jpg

身体が透き通って透明な生き物は、やはりどこか神秘性があり、時に世間から注目されたする存在でありますが、土壌を探せば、こうした透明のイモムシは、割と見る事が出来ます。
それが何の幼虫なのかを探るのは、なかなか至難を極める場合が多いですが・・・









話は変わりますが、クマG、今流行りの胃腸炎にすっかりヤラレてしまいました・・・
幸い、重症化はしておりませんが、未だ体調は万全とはならず。
しかしながら、仕事も休めないと言う、これまた、なかなかドMな日々であります。


このイモムシのよいうに、体内がスケスケなら、自分の体調管理も、さぞしやすかったでしょうに。

この蠢く透明イモムシのGIFアニメが、今の自分の内蔵の具合と重なって、なんとも言えない気分になりました。
やはり内蔵が丸見えならば、具合の悪い原因もすぐ分かるでしょうし、ひいては大病の早期発見に繋がったりと、いい事ばかりじゃないですか。
・・・いや待て、そうなるといざと言う時に仮病が使えなくなる恐れがっ!

・・・と、どうにもくだらないオチになってしまうので、今日はもう寝ます(笑)









*追記*

今年の3月に、湿った落ち葉の下で見た透明イモムシのGIFがありましたので貼っておきます。
こちらもハエ目に見えますが、不明であります。


14コマ、490pix


2037_20160303173027f75.jpg

2038_20160303173029cbf.jpg

2039_20160303173029d3a.jpg

2016.09.29     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   シックに変身する

ホタルガ幼虫 [ Pidorus atratus ]


西新宿のビル街に、秋のホタルガが舞う姿を、ちらほら見かけるようになりました。
コンクリートに囲まれた狭い秋の空に、シックな装いのホタルガの組み合わせは、都会的なオシャレさを演出しており、意外な程にマッチしているのです。
朝の通勤時に、そんな光景を横目で見ながら、「いつかこの組み合わせ、撮影してもいいかもな~」なんて思いながら、すでに数シーズンが経過してしまいました・・・。




写真は、そんなホタルガの幼虫であります。
成虫はよく見かけるガですが、なにげに幼虫は初めて撮影したかもしれません。
シックな成虫とはかけ離れた、派手な幼虫は、イラガ幼虫にも匹敵するジュエリー・イモムシであります。

8月撮影。

2016.08.17     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   黄桃

モモスズメ幼虫 [ Marumba gaschkewitschii echephron ]


ポップなイエローのイモムシは、モモスズメの幼虫でります。
とんがり頭が目印です。

2505.jpg

お手てがなんとも可愛らしい(^虫^)

2015.10.06     カテゴリ: 昆虫イモムシ 

   キミは一体何になりたいの?   Lophoruza pulcherrima

モモイロツマキリコヤガ幼虫 [ Lophoruza pulcherrima ]


目線ほどの高さ、低木に絡みついたトゲのあるツル性の植物の葉に、変わったシルエットのイモムシを見つけました。
大きさは伸びた状態でも20mm無いくらいの小さなイモムシですが、背中から突き出た3対の突起と、尾角まで備えたなかなか凝ったデザインのイモムシで、ぱっと見たところ黒に見えた体色も、よくみると複雑な模様があります。


1600_201509250056206ed.jpg
この、いかにもな停止姿勢と、尺を取って歩くスタイルからシャクガ科と思って疑わなかったワケであります・・・
以前紹介した、クロモンキリバエダシャクのように背中に意味不明な突起がある系のシャクガ幼虫かと思い調べていたのですが、全く分らず。



それもそのはず、後で詳しい方に教えて頂いたところ、モモイロツマキリコヤガの幼虫であると言う事が分りました。
コヤガ亜科と言えば、以前紹介しておりましたキスジコヤガの幼虫、こちらも背中に突起があり、さらに尺を取って歩くイモムシでした・・・

また騙された!(笑)


食草はサルトリイバラ、シオデだと言う事で、この幼虫がいたのはどうやらサルトリイバラだったようです。

1601_20150925005621441.jpg

変なイモムシですが、かわいいヤツですね。


最新記事
カテゴリ


プロフィール

クマG

Author:クマG
今日も薮で虫探し!

ハエ、ゴキブリ、カマドウマにザトウムシ。
多肉植物も栽培中・・・

東京在住の、自称・薮BOYでございマス。

どうぞよろシク!

検索フォーム
あしあと
pictlayer
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: